マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 頻発する地震 発災時の避難情報と行動について

頻発する地震 発災時の避難情報と行動について

カテゴリ:
くらし

日本全国で頻発する地震

 

6c79b726d49b6049ae901b5e81e10947_m

11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とし、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱の地震が発生しました。
この地震の影響で、仙台港では高さ140センチの津波が観測されました。
青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の6県では、最大時51万人に避難指示・避難勧告の避難情報が発令されました。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

3種類の避難情報

このような避難情報は地震や津波が発生した際だけでなく、台風、土砂災害、火山噴火、原子力災害など、災害の発生が差し迫り避難が必要になった場合にも発令されます。
ここに3種類の避難情報を紹介しましょう。

まず避難準備情報です。
この情報は、いつでも避難ができるように準備をするよう呼びかけるものです。
この情報が発令された時には、身の危険を感じる人、高齢者、障害のある方、乳幼児をお連れの方など避難に時間を要する人は、早目に避難を開始しましょう。

次に避難勧告です。
この情報は、避難場所へ避難するよう呼びかけるものです。

最後に避難指示です。
この情報は、まだ避難していない場合に、直ちにその場から避難するよう呼びかけるものです。
外出することによって命に危険が及ぶような状況では、建物内のより安全な場所で避難をしましょう。

発災時に私たちはどのような行動を取ればいいか?

私たちは発災時にこれらの情報を得て、自分がおかれている状況を把握した上で行動することが求められます。
行動する前に、テレビ、ラジオ、市町村防災行政無線、行政サイト、緊急速報メール、広報車などで情報を得ることが、命を守ることにつながるのです。
すなわち、情報を得るということは発災時において命綱となります。

では、これらの情報が発令された時に、私たちはどのように行動すればよいでしょう。
いざという時にすぐに対応するためには、あらかじめ市町村が指定している避難場所、避難ルートをハザードマップなどで確認し、避難場所までの移動手段、避難後の家族との連絡方法を決めておくことが重要です。
例えば、逃げる時に車を使おうとする方がいます。現に東日本大震災では、津波から逃げるために多くの方が車を利用して逃げようとしました。
しかしこの選択をすることによって、かえって渋滞に巻き込まれ身動きがとれなくなってしまったり、緊急車両の通行の妨げになるといった問題が生じました。
その一方で、避難所まで距離があったり、体が不自由で車を使わざるを得ない方もいらっしゃいます。
一人ひとりが状況にあわせて避難をするために、前もって家族や職場で話し合い、シミュレーションしておくことが肝要です。  
  
言うまでもありませんが、避難する時にすぐに持ち出せるよう、日頃からリュックサックなどを使って非常持出品をまとめておきましょう。
あれもこれもといろいろなものを詰め込み過ぎると、重くなり避難する時の支障となります。
命を守ることを最優先とし、非常持出袋は身軽に避難できるよう、最小限のものと心がけましょう。

仙波誉子

消防・防災のプロ

産業カウンセラー

仙波誉子さん(株式会社岩本商会)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す