マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 発酵食品を食べると免疫力が上がるのはなぜ?

発酵食品を食べると免疫力が上がるのはなぜ?

カテゴリ:
くらし

感染症予防に大切な免疫力

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_m

風邪やインフルエンザが気になる季節になってきましたが、このような感染症なりやすい人、なりにくい人、なっても早く治る人、治らない人の違いは『免疫力』にあると言われています。

免疫力とは簡単に言うと病気の原因となる外敵やカラダの中にできた有害な物に打ち勝つ力です。
これが常に高い状態であれば病気になりにくい、仮に病気になったとしても治りやすいといえるでしょう。

当然ですがいちばん大切なのは基礎体力です。
『風邪は疲れの表れ』と言われるように無理をしたり、ストレスをためたり、暴飲暴食をしたり、睡眠不足をしたりすれば体力が低下して免疫力が低下します。
年末年始はいまご紹介したような体力を低下させるようなことがたくさん起こりますので、注意したいですね。

そうは行っても休息が取れなくて無理をしたり、睡眠を削ったり、ストレスとは常に向き合わないといけない方は多いと思います。
そんなときでも免疫力を落とさないようにするために現在注目されているのが『発酵食品』です。

腸内環境を整える善玉菌を多く含む発酵食品が免疫力を高めるワケ

発酵食品は納豆や味噌、醤油、お酢やお酒、漬物などの伝統的な食品はもちろんですが、チーズやヨーグルトなど最近になって日本に持ち込まれた食品まで多岐にわたります。

発酵食品の特徴は腸内環境を整える善玉菌を多く含むことです。
ではなぜ善玉菌を多く含む発酵食品を摂取して腸内環境がよくなることでなぜ免疫力が高まると考えられているのでしょうか?

ヨーグルトがインフルエンザ対策に良い、というような報道が数年前にされたり、花粉症の時期になると善玉菌が取り上げられたりするのでなんとなくご存知の方も多いと思いますがその理由は、『腸管免疫』いう腸がもっている働きにあります。

腸管免疫とは、私たちの腸は、食べ物を消化したり吸収したりする器官であると同時に実は大切な免疫器官でもあるのです。
腸というと排便に関係するところ、善玉菌と言えば便秘や下痢というイメージしかなった方には驚きだと思いますが、実はこんな働きもあるのです。

腸はカラダの内側にありますが、実は口と肛門によって外界と接しています。
これは、食道や胃もそうですが、腸は『内なる外』と言われて常に空気に触れているのです。
ですから、腸管粘膜は、鼻や喉などの粘膜と同じように風邪などの原因となる細菌やウイルス、花粉などの異物につねに晒されているのです。

このようなものからカラダを守るために発達した仕組みが実は腸管免疫系なのです。
免疫についてはまだまだ不明なことが多いのですが、一説では腸管免疫がカラダの免疫の8割を占めているという説もあるぐらいですから、ぜひ風邪やインフルエンザにならないためにもカラダに疲れを溜め込まないことと同時に、発酵食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

腸内環境を整えることは健康に不可欠

おすすめの発酵食品はやはり日本に古くから伝わる伝統的な食材です。
乳製品系の物に比べると糖分や脂質が少なく、塩分だけ注意すれば日本人の体質にあっているのでおすすめです。

腸内環境は免疫や排泄だけでなく、食べたものの消化、吸収、造血、精神安定など様々なところでカラダに影響を及ぼします。
忙しい時期を元気に乗り切るためにも腸の健康は不可欠なので、ぜひ善玉菌豊富な発酵食品などを上手に活用し『腸能力』をアップして元気に過ごしましょう。

早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太さん(株式会社 沢田屋薬局)

Share

関連するその他の記事

シニアの「家じまい」、終活で快適なセカンドライフを送るために大切なこととは?

リタイア後の身辺整理の際に、「家じまい」を選択することを終活のひとつにする人も。老後の家じまいについて、いつ頃から考えておくべきでしょうか。ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す