マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 面倒くさがりの人でも部屋をきれいに整理整頓 簡単片づけ術教えます!

面倒くさがりの人でも部屋をきれいに整理整頓 簡単片づけ術教えます!

カテゴリ:
くらし

面倒くさがりの人でも簡単に片づけるポイポイ放り込み片づけ術

脱いだら脱ぎっぱなし!使ったら使いっぱなし!面倒くさがりの人の部屋はこんな状態になっています。
面倒くさがりだって、サクサク片づけできたら良いと思っています。
そこで、面倒くさがりの人でも大丈夫!簡単に片づけができる「ポイポイ放り込み片づけ術をご紹介します。

「ポイポイ放り込みカゴ」でテーブルの上もスッキリ

リビングで、使った「爪切りや耳かき・ペンにハサミ」使ったら、使いっぱなしの面倒くさがりさん。
次に使う時に見つからなくて、探し回ることに。
そこで、テーブルの上の物は、「ポイポイ放り込みカゴ」に収納をします。
使ったらカゴに戻すだけなので、テーブルの上に出しっぱなしの物がなくなって、テーブルの上もスッキリ!
カゴの中を探すだけで、すぐに見つかるので、探すストレスもなくなりますよ。
カゴのフレーム効果で、ゴチャゴチャ感がなくなるメリットもあります。

「ポイポイ放り込みBOX」で部屋をスッキリと

次に、面倒くさがりさんが、ついやってしまう、床やイスの上に物の置きっぱなし。雑誌・新聞・本・ソックス・バッグ・小物‥。数え上げたらきりがありません。
物が床やイス・ソファの上に置きっぱなしだと、部屋は、スッキリ見えない状態に。
そこで、置きっぱなしの物を「ポイポイ放り込みBOX」に収納すれば問題解決。
大きめの収納BOXを用意して、置きっぱなしの物を入れます。
ただ、ポイポイ放り込めば良いだけなので、放り込みBOXが増殖する心配も。
なので、放り込みBOXは3つまでと個数を決めることが大切です。
そして、ちょっとおしゃれな収納BOXを用意すれば、リビングにおいてもインテリアにもなります。

書類は「ポイポイ放り込み書類BOX」で整理

面倒くさがりの人が、苦手なのが、書類の整理。
あちこちに書類が山積みなんてことも。
そんな状態だと、提出期限までに出せなかったり、重要書類をどこにしまったか忘れてしまったりといいことはありません。
そんな面倒くさがりさんには、「ポイポイ放り込み書類BOX」がオススメです。
至急・重要・取りあえずの3つのポイポイ放り込み書類BOXを作るだけ。
3つの書類BOXに書類を放り込むだけです。

週に1回「至急書類BOX」を見直せば、出し忘れを防ぐことができます。
更に、書類の管理に不安がある面倒くさがりさんは、至急書類やしまい忘れたくない書類だけをコルクボードに貼り付ける「見える化収納」をオススメします。
コルクボードをチェックすれば、出し忘れなどを防げるだけでなく、コルクボードのフレーム効果で部屋がスッキリ見えます。

面倒くさがりの人は、出した物や使った物を元の場所にしまえない人です。
しまう場所を使った場所のそばに設置すれば簡単に戻すことができます。
ポイポイ放り込み片づけ術で、簡単にスッキリ片づけてみましょう。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(片づけ上手塾)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す