マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 新しいコトを始めて実りの秋に!無理なく続けるにはどうすれば良い?

新しいコトを始めて実りの秋に!無理なく続けるにはどうすれば良い?

カテゴリ:
くらし

秋は何かを始めるには良い時期 

f7377c0843d37163d040ccbfea4ce575_m

秋も深まりゆっくりと充実した時間を過ごすには最適な季節になってきました。
このよい季節に、何か習い事を始めよう、趣味を深めようと計画したくなりますね。
そして、始めたものを是非、「自分にとって役に立つ」結果へとつなげたいものです。

何かをスタートさせるとき、人は結果を夢見てワクワクするとともに、「頑張らなきゃ!」と無意識にストレスをかけてしまっていることが多いものです。
習い事や趣味を始めるための準備にたくさんのお金や時間をかけなければ始められないとか、少々目標のハードルを上げたので、「よし、やるぞ!」と気合を強めに入れなければならない、そんなこともありそうです。

大事なことは、「新しいことを始める」ということより、「始めた新しいことを継続していくこと」です。
そのほうが、望む結果に確実につながるはずです。

始めたコトを頑張るのではなく楽しんでみませんか?

何を始めるにしてもスタートするとき、その人の行動には「意識」が働きかけます。
意識して行動に移しているので、ストレスのかかった状態になり、動くことに対して若干の違和感が生じることがあります。
この違和感が続くことで、せっかくスタートしたことを投げ出してしまう人も多いのです。
続けることがストレスになってしまっては、もったいないです。
毎日続けることがストレスになるのではなく、毎日の「楽しみ」へと変えるようにすることが大切です。

楽しむためには、望んでいる結果や成果が自分をウキウキ・ワクワクさせてくれるようなものに設定することが大事です。
スポーツジムに通うのであれば、メリハリボディの自分になってかっこよくなる!
楽器を習うのでしたら、新しい仲間と演奏を楽しめる!
英会話を身につけたら、ニューヨークに行って自分の言葉で楽しめる!
そんな楽しんでいることのウキウキ・ワクワク感を大事にして新しいものに取り組むのです。
これからスタートするものは「頑張りたいこと」というより「楽しみたいこと」に焦点をあてて選択していってください。

大切なのは無理なく続けられること

ですが、無理は禁物、毎日3時間も頑張って頭も体も疲れ切ってしまった・・・では、その日一日の充実感はあっても、明日は疲弊して脱力感しか残らないかもしれません。
無理をせず、ちょうどいいあんばいの時間設定、時間の長さと繰り返しの期間を考えることが重要です。
1日おきに20分、それに当てる。土曜の夜だけ1時間それに当てる。
仕事や今までの生活に自然になじむようにしたいものです。

「特別なことをするために、特別のことをするのではない。特別なことをするために、普段通りの当たり前のことをする」メジャーリーガーのイチローが言った言葉ですが、そのように考えましょう。

行動に対し無理なく時間を使っていくと、27日間で無意識が働きその行動が自動化・習慣化へと変っていくと言われています。
秋にスタートさせた習い事が、冬になったら「あれって、何だったんだろう?」ではなく「あ、なんか続けているなあ、私。だんだん楽しくなってきたわ!」という “当たり前”にしましょう。

結果より定着が、「自分にとって役に立つ」結果かもしれませんね。

井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子さん(株式会社ブロッサム)

Share

関連するその他の記事

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?

夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。

米田創

米田創さん

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す