マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 犬や猫の熱中症について いかに予防するか?

犬や猫の熱中症について いかに予防するか?

カテゴリ:
くらし

犬、猫の熱中症は命に関わるのでいかに予防するかが重要

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_m

猫は犬に比べて比較的暑さに強い生き物ですが、それでも犬、猫いずれも汗をかかない生き物ですので、基本的には暑さにはとても弱いと言えるので熱中症には注意が必要になります。

犬、猫共通の熱中症の初期症状としては、水を飲む量が増える、開口呼吸 (口を開いての呼吸をする)などが認められます。
さらに進行すると、元気がなくなり、ぐったりして、意識喪失、痙攣などの激しい症状に至った後、死に至ることも珍しくありません。
気をつけなければいけないのは、一旦症状がスタートするとあっという間に進行してしまい、発症してから助けるのは難しいということです。
ですから、いかに予防するかが重要となります。

熱中症に対する予防方法について

水を常に飲めるようにという気配りや、毛の長い犬種などはサマーカットなども効果的ですが、大切なのは温度だけではなく、湿度管理もしっかりすることです。

人間は温度が低いと、湿度が高くとも扇風機などで十分暑さをしのげることが多いのですが、犬や猫の場合、大した温度でなくとも、湿度が高いとそれだけで熱中症になってしまうことがあるということです。

梅雨入りし、湿度が60%に達したら、たとえ温度が大して高くなくとも、湿度を下げるために26-27度程度でも良いですから、24時間エアコンを付け、温度、湿度管理を行ったほうが良いと思います。
 
特に気をつけなければいけないのが、短頭種(パグ、フレンチブル、シーズーなど鼻の短い犬種)、本来寒い気候で生きる犬種(ハスキー、サモエド、シェルティーなど)、高齢の動物、肥満の動物は特に熱中症になりやすいので注意が必要です。

よく熱中症にかかった動物を連れてこられる飼い主さんが「去年の夏は大丈夫だったのに」とおっしゃるのですが、人間でも若い人よりも高齢の人のほうが熱中症の発症率は高いのです。
去年大丈夫だったから、今年も大丈夫、という発想は捨てましょう。

散歩時は特に熱中症に注意を

6月から9月にかけては、散歩中に熱中症になることも多くなります。
可能であれば日の出前、日の入り後に散歩したほうが無難ですし、時間も少し短めにしたほうが良いでしょう。
過剰な興奮や、過剰な運動は体温の急上昇につながりますので、ゆっくり歩いての散歩のみとし、走らせたり、ボールを追いかけさせたりという運動は控えたほうが良いと思います。

また、長時間家を開けるときは、エアコンでの温度、湿度がしっかり維持できるよう確認をしておき、自宅に戻られるまで水が無くならないよう、多めの水を用意しておいてあげましょう。

その他雷や花火が嫌いな子などは、さほど暑い時期でなくとも、興奮して熱中症に突入してしまうことがあります。
そのようなときは事前に部屋の温度を涼しめにし、万一それでも体調を崩すようであれば、すぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。

沖田将人

動物診療のプロ

沖田将人さん(アレス動物医療センター)

Share

関連するその他の記事

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

新型コロナウィルスの飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

物販店等のレジカウンター等へ感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止用シートの設置が増えていますが、防火防災の観点からは問題になるケースがあるのをご存知でしょうか?この記事では、飛沫防止用シートの火災防止について詳しく説明します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

レジ前のソーシャルディスタンス誘導の足跡マーク。行動経済学などで注目の「ナッジ理論」とは?

マーケティングや防災、医療、環境など、生活のあらゆる場面の問題解決のために活用されている「ナッジ」について、心理カウンセラーの西尾浩良さんに聞きました。

西尾浩良

西尾浩良さん

心理カウンセリングで心を癒やす心理カウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す