マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. パートナーとの別れで高まる死の確率?

パートナーとの別れで高まる死の確率?

カテゴリ:
くらし

パートナーの存在と健康

皆さんは、健康のためにどんな工夫をしていますか?
サプリメント、食事制限、運動、リラックス法、多くの健康法の情報が乱立している昨今です。

五大疾病の一つ、「脳卒中」についてあることが注目されています。
配偶者との離婚や死別といった婚姻状況の変化によって、脳卒中の発症リスクが1.26倍に高まることが、国立がん研究センターによる40歳以上の男女5万人の調査から分かったのです。

特に男性の場合、妻を失うと、脳卒中のうち血管が破れて脳内で出血する「脳出血」の危険性が1.5倍になることが明らかになりました。
一方、女性の場合には、仕事をしていない女性が夫を失うと、仕事をしていて夫もいる女性に比べ脳卒中リスクが3倍に高まることなども示されたといいます。

また、配偶者を失った後、親と同居することで、男性では脳卒中リスクが低下するのに対し、女性では逆にリスクが上昇することも示されました。
さらに、配偶者を失った後、子供と同居していた男女では、婚姻状況に変化なく子供がいない人に比べ、脳卒中リスクが1.45倍に高まったのです。

離婚や死別などによって、パートナーを失うことが心臓病の発症率を高めるとの報告は多かったのですが、脳卒中についても同様の現象が起きています。
心理的に、どんなことが考えられるのでしょう。

ストレスの高いライフイベント

アメリカの社会学者ホームズと内科医レイが20年に渡り、身体疾患の発祥の原因となり得るような重要な出来事(ライフイベント)を数値化し、現状起きているライフイベントの合計点数によって現状の心身へのストレス負担をみるライフイベント法というものがあります。

ストレスというのは、ネガティブな出来事に限っているように思えますが、就職、出産、結婚、昇進などもまた、変化を伴うストレスでもあるのです。

その43項目のライフイベントの中でストレスの高い上位5項目をピックアップしてみると以下のようになります。
① 配偶者の死
② 離婚
③ 夫婦別居
④ 刑罰
⑤ 近親者の死亡

これらのことは、人が生活するうえで大きなストレスとなります。
そう考えると、「脳卒中」にしても「心臓病」にしても、ストレスというものが健康に与える影響というのは甚大なのでしょう。

人とのつながりが薄くなる中で

厚生労働省による自殺者統計の数をみても、晩年になるほどに男性の「離別」による自殺も増えています。
家族という在り方、近所との付き合い方が、希薄になっている世の中です。楽しいことであったとしても、辛いことであったとしても、誰かと”共有”できてこそそれは本物になるのです。

味のしない生活というのは虚しいものです。
共有する相手が配偶者しかいないと、配偶者を何らかの形で失った途端に、「孤独感」という魔物が、自分を大切にするという意志を奪ってしまいます。
結果、人の健康を損なわせるのは、不思議なことでは無いでしょうね。

経済的発展、便利さを追い求めることも大事ですが、人と人との心のつながりがフォーカスされる必要が出てきた時代なのではないでしょうか。

青柳雅也

独自手法で短期解決をもたらす心理カウンセラー

青柳雅也さん(カウンセリングルーム アンフィニ)

Share

関連するその他の記事

シニアの「家じまい」、終活で快適なセカンドライフを送るために大切なこととは?

リタイア後の身辺整理の際に、「家じまい」を選択することを終活のひとつにする人も。老後の家じまいについて、いつ頃から考えておくべきでしょうか。ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す