マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 子育てにおける夫婦の意見の違いをどう乗り越えるか?

子育てにおける夫婦の意見の違いをどう乗り越えるか?

カテゴリ:
くらし

子育てにおける夫婦の意見の違いは育った環境の違いも影響

 夫、妻それぞれが育ってきた環境、経験等が異なるのですから意見に違いがあるのは自然なことです。
夫婦の意見の違いを効果的に解決するには 子どもを含めた冷静な話し合いがベストです。

養育者は自己肯定感、自立心、責任感にもつながる「自分の人生を自分でコントロールしているという感覚」を日常生活の中で育てていくことを意識する必要があります。
意見の違いは子ども本人の気持ちや考えを聞くことで何の問題も無く解決するかも知れません。

子どもへの接し方は自分が育った環境を踏まえて

カウンセリングの中でクライアントさんから子ども時代の家庭の状態を伺います。
家庭が安全で安心できる場であったのか否かはその方の自己肯定に関わる大きな要素の一つになります。

「ふと目を覚ますと父と母が言い争う声が聞こえてきました。時々私の名前が出ていたので私のことでケンカしているのだと思ったんです。幼稚園の頃のことです。普段は仲が良いと思っていたのでとても驚きました。私が何か悪いことをしたのかと思いました。」
ご両親はそのお子さんの習い事のことで意見が異なり言い争いになったと成人してから知ったそうです。

家庭内暴力には至らないケンカですら子どもの記憶にはっきりと残り、自分が何か悪いことをしたのかもしれないと自分を否定的に見るきっかけになっていくのです。

2013年7月1日のサイエンスポータルのサイトに「福井大学子どものこころの発達研究センター教授 友田明美氏のコラムがあります。
ここには子ども時代に家庭内暴力を目撃した成人と健常対照群の脳皮質容積の比較画像が載っています。
そして精神病へのリスクが高まると述べられています。

親を含めて養育者は自分のイライラ、腹立ちといった感情をぶつけるのではなく、コントロールする必要があると言えます。

子どもを交えて話し合う習慣を作ることが重要

また、個人差がありますが 子どもは8ヶ月~2才半には自主性、2才~9才には意志、5才~8才には意見、7才~12才には連帯する力が出てくると言われています。
また「自分の感情のままに行動するのではなく、その場で適応的に行動できる自己調整力」も 両親を交えた話し合いの中で育てていくことが出来ます。

経済的、時間的等の限度も子どもに示したうえで「話し合って決める、解決する」姿勢を持つことを意識するだけでも、発する言葉が変わってきます。
子どもを含めた平和な話し合いを日常生活の一部にします。話し合う習慣が無い場合は楽しいことを決めることから始めます。

「おやつか夕食を一緒に作ろうか?何を作りたい?」「今度の休み、どう過ごそうか?どこへ行きたい?」一人一人が対等の立場で意見を言える状態を保つようにします。
話しあう時間も15分、20分とタイマーをかけて決めておきます。
内容によっては一度の話合いで決まらなくても良いのです。

自分の気持ちや意見を言葉にして表現する、他者との考えの違いを知る、話し合いで解決していくという体験が大切なのです。
この積み重ねは子どもにとって社会に出てからの大きな力にもなっていきます。

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子さん(松戸こころの相談室)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す