マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「障害」か「障がい」か?現場の声は届かない表記問題

「障害」か「障がい」か?現場の声は届かない表記問題

カテゴリ:
くらし

「障害」か「障がい」か、市長のツイートで話題になった表記問題

「障害」か「障がい」か?現場の声は届かない表記問題

「障害」か「障がい」か。「障害者」か、それとも「障がい者」か。千葉市の熊谷俊人市長がTwitterで投稿した発言を受け、「しょうがい」をどのように表記すべきかという問題が、にわかに話題となっているようです。

熊谷市長は当初、次のような趣旨の投稿をしています。障害者とは、「社会との関わりの中で障害に直面している者」という意味である。「障害」という言葉が引っかかるからこそ、その障害を解消していくことが求められている。「障害」を「障がい」と置き換えることはその解消に資するものではなく、表記をソフトにすることには意味がない。

今回の投稿は「障害」を抱えている社会への問題提起

あえて「漢字表記にするべき」との立場は、どのような考えがもとになっているのでしょうか。それは、「障害」の意味をどう捉えるかに関係しています。
今回の場合、障害という言葉を身体障害、精神障害といった個人の側にあるハンディキャップと捉えるのではなく、社会の側に原因があり、社会そのものが抱えている障壁や弊害という意味で捉えています。

先にも挙げたように、熊谷市長は「障害という言葉が引っかかる」という表現をしていますが、この「引っかかり」とは、社会の側に存在する障壁・弊害に対する「問題意識」と解釈できます。漢字で表記することは、効果があるかどうかは別として、克服すべき社会が抱える障害に対し、人々が問題意識を強く持ち続けることを意図していると言えるでしょう。

社会的な流れであるひらがな表記

一方で、各自治体をはじめとして「害」の字を漢字からひらがな表記へ見直す社会的な流れが見られます。そもそも「障がい者」という言葉は、「人」に対して使われる言葉です。人を表す言葉に「害」という字を用いることに抵抗を感じるのは、ごく自然のことであるように思われます。

これについては、表記を変えるだけでは何の意味も無いといった否定的な意見も聞かれますが、「害」という字に不快感を抱く当事者やその家族がわずかでも存在するのであれば、ひらがな表記への流れを止める必要もないでしょう。

障がい者の進学や就労など、問題や山積み

漢字表記、ひらがな表記双方の立場で、それぞれに考えや意図するものはありますが、どちらが良いとも悪いとも言い難く、またそれを判断する高い必要性もないように思われます。障がい者とその家族にとって、また障がい者の支援に携わる人々にとっては、この表記の問題は極めて優先順位の低い問題であるからです。最も大きな問題は、障害や障がい者に対する無理解や誤った認識、そして「見て見ぬふり」をすることでしょう。

障がい者の雇用と就労、障がい者に対する差別や虐待、障がい児の保育や進路の問題など課題は山積しています。どう表記するかという議論ではなく、社会が抱える課題に対して具体的にどう行動し、何を成し遂げていくかということを、私たちは問われているのです。

佐々木淳行

障がい者雇用・在宅勤務制度に強い社会保険労務士

佐々木淳行さん(リブレ社会保険労務コンサルティング)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す