マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 火山噴火に備えるべき防災用品と心構え

火山噴火に備えるべき防災用品と心構え

カテゴリ:
くらし

今年の5月に箱根山で活発な火山活動が確認

火山噴火に備えるべき防災グッズと意識

日本には110の活火山があります。そのうち47の火山が、火山噴火予知連絡会により「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として選定されています。昨年の9月には御嶽山が噴火し、今年の5月には、箱根山で活発な火山活動が確認されました。

噴火は降灰被害など、想像以上に広範囲に長期間被害をもたらす可能性があり、居住地域が火口周辺にある人や登山客のみならず、皆で日ごろから噴火対策を考えておく必要があります。

噴火による被害は多岐にわたる

噴火対策として、まず、日本各地の火山噴火の危険性を示すハザードマップを確認しましょう。国土交通省のハザードマップポータルサイトで入手することが可能です。活火山はひとたび噴火すると、噴石や火砕流、土石流、火山泥流等が、短時間で居住地域に襲来する可能性があります。気象庁では火山情報や降灰予測などをインターネットで配信していますので、あらかじめ危険な地域を確認しておくことが大切です。

噴火による被害は、火口の場所や規模、種類、時期、継続期間などにより、多岐にわたります。特に降灰被害の範囲を予測することは難しいのが現状です。火山灰は道路に積もって交通機関を麻痺させ、上下水道施設、建物、機械、自動車等々あらゆる所に入り込んでダメージを与え、日常生活を混乱させます。また、屋根に積もった火山灰が水を含むと、荷重がかかり家がつぶれる危険性もあります。さらに、火山灰で呼吸器障害を起こしたり、眼に傷をつけたりする場合もあります。

防塵マスクと防塵メガネ、清掃用具が必要

噴火対策用に備える最低限の備えとして、震災対策用の防災・避難用品に加えて、防塵マスクと防塵メガネ、清掃用具が必要になります。降灰被害を経験している鹿児島市では、竹ぼうきや角シャベルを職場や家庭で用意しており、一定量以上の降灰がみられる際には、鹿児島市から各家庭に「克灰袋(こくはいぶくろ)」というポリ袋が配布されます。集めた灰を克灰袋に詰めて指定の場所に出すと、無料で回収されるそうです。

火山灰の対策方法ついては、国際火山災害健康リスク評価ネットワークがわかりやすいパンフレットを作成していますので、参考にして下さい。

命は自分で守る「自助」の心構え

地震や台風などと異なり、噴火は日本で多くの人が経験したことのない災害です。しかし、全世界の約7%の活火山が存在する我が国において、噴火対策は日常から考えておく必要があります。

万が一を想定して避難場所や連絡方法などを家族で話し合い、避難用品を備蓄しておくことが、自らの命を守ることにつながります。「自分は大丈夫だ」と楽観視しないで、自分の命は自分で守る「自助」の心構えをしっかりと持っておきましょう。

仙波誉子

消防・防災のプロ

産業カウンセラー

仙波誉子さん(株式会社岩本商会)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す