マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. デスクワークによる肩こり解消!仕事の合間にできる簡単ストレッチ

デスクワークによる肩こり解消!仕事の合間にできる簡単ストレッチ

カテゴリ:
美容・健康
解決!アスクミー JIJICO

デスクワークなど1日の大半を座って過ごす現代人は肩こりが悩み

肩凝り

生活様式や職場環境の変化により、日本人の3人に1人が肩こりに悩んでいると言われています。その原因の代表として挙げられるのが、長時間のデスクワークです。昔は人生の3分の1を寝て過ごすと言われていましたが、現代ではそれ以上に座る時間が長くなっているようです。

家庭ではダイニングテーブルで食事をしたりソファでくつろいだり、会社ではデスクでパソコン作業をするなどイス中心の生活を送るようになり、1日の大半を座って過ごす私たちと肩こりは、切っても切れない関係になっているようです。

パソコン画面をのぞき込むことで背中が丸くなり前傾姿勢に

パソコン作業をしている姿勢を思い浮かべてみてください。ディスプレイをのぞき込み、キーボードやマウスを操作している様子を上から見ると胴体よりも頭と腕が前に出ています。

腕で3~4㎏(人によっては倍以上)、頭で体重の10分の1ほどの重さがあると言われていて、そこにさらに重力がかかります。上体が頭と腕の重さを支えられなくなってくると、次第に背中が丸まって骨盤が後傾し前傾姿勢になってしまいます。このとき、体の中ではどのような問題が起きているのでしょうか。

同じ姿勢を続けることで血行不良と酸素不足がおこり痛みが発生

人の体に備わっている筋肉にはポンプ作用があり、全身にくまなく血流が促されるように助けてくれています。ところが、長い時間同じ姿勢をとっていると、筋肉は伸び縮みができなくなり血流が滞ってしまいます。血液が低下した筋肉に老廃物がたまるとその組織周辺が酸性状態に傾き、痛みの原因となる物質「ブラジキニン」や痛みを増強する物質「プロスタグランジン」が発生する仕組みになっています。

がんこな「こり」をがまんしているとやがて痛みに変わり、ますます体が縮こまって血流が低下する、といった悪循環に陥ってしまいます。そして、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れ、血管を収縮させる交感神経の働きが優位になるとさらに血の流れが悪くなります。高ストレス社会といわれる今の日本では、こういったことが原因で「肩こり人口」はどんどん増えています。

簡単ストレッチで血流を促し、肩こりによる負の連鎖をストップ

最後に、職場でもできる簡単な肩こり解消法を紹介します。

(1)デスクを使った簡単ストレッチ
デスクに手がギリギリ届くぐらいイスを離します。そしてデスクのはしを手でつかみ、上体を前に倒し背中を伸ばします。このとき、頭を上げて左右の肩甲骨の間が伸びるのを感じることができます。

(2)背伸びと体側伸ばし
座った状態でもできますが、気分転換に立ってやることをお勧めします。両足を横(腰幅)に開き、まっすぐ天井に引っ張られるように背伸びします。次に、背伸びした状態からおへそを中心に左右に上体を倒します。脇から腰にかけて体の側面が伸びるのを感じてみましょう。

(3)立った状態で、体の後ろで手を組み真下に降ろす
上記のような動作をすることで、肩が後ろに引かれるのがわかると思います。その際、おなかが前に出ないように引っ込めた状態をキープし、息を吐きながら天井を見上げ、あごから首前面を伸ばしましょう。

どれも1セット(20~30秒)を3~5セットを試してみてください(痛みが伴う場合は中止し、専門家に診てもらいましょう)。体中の血液の巡りを良くして、肩こりによる「負の連鎖」を断ち切り健やかに過ごしてくださいね。

整体とトレーニングで正しい姿勢へ導く根本改善のプロ

伊藤勇矢さん(いとう鍼灸整骨院)

Share

関連するその他の記事

マラソン愛好者必見!冬トレーニングで圧倒的レベルUPを実現する鍛え方

春の大会に向けてトレーニングを積んでいるランナーも多いかと思います。冬は、日が短くなるうえ、雪が積もるなど走れる時間なども限られてきます。しかし、上達し記録を伸ばすための鍛錬は走ることだけではありません。冬の間だからこそ取り組むべきトレーニングについてご紹介します。

八巻稔秀

八巻稔秀さん

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

高齢者施設や交流サロンで実践できるレクリエーション集

高齢社会の進展に伴い、高齢者施設の需要は高まっています。また、最近では地域住民の介護予防を目的とした交流サロンを運営する自治体も増えてきました。レクリエーションは高齢者施設や交流サロンに彩りを与えます。このコラムでは、様々なジャンルの高齢者レクリエーションを紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

ダイエットに効果的なミネラルファスティングとは?-5.9㎏を実現する9日間レシピ

料理研究家が実践したミネラルファスティング。半年間で12㎏のダイエットに成功した最初の9日間の取り組みとレシピを大公開。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

インフルエンザが早くも流行!対策は予防接種だけじゃない?かかりやすい人とそうでない人の違いなど

インフルエンザは、重症化しやすい乳幼児や高齢者はもちろん、受験生や仕事を休みたくない社会人など、どんな人にとっても怖い感染症の一つ。予防といえば、流行する前にワクチンを接種することが一般的です。ただ、予防接種だけでは、完全に感染を防ぐことはできません。ワクチンの接種とともに、日常での予防が欠かせないそう。「感染しにくい体づくり」のために、日ごろから心がけたい対策とは。

早川弘太

早川弘太さん

漢方と健康相談のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す