マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖

カテゴリ:
くらし

どんな人が洗脳されてしまうのか?

身近なところにも潜む「洗脳」の恐怖

1995年3月20日、東京の地下鉄で宗教団体「オウム真理教」が、神経ガスのサリンを使った同時多発テロを起こしました。死者10名以上を含む多数の被害者を出し、日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた事件です。被害者はPTSDによる精神的な苦痛が続くなど、今でも後遺症に悩まされています。亡くなった被害者の家族は、深い悲しみとやり場のない怒りを抱えたまま、事件発生から20年が経過しました。

現在になっても強烈な印象が残ったままのこの事件は、カルト教団の恐ろしさ、洗脳と修行の奇行、宗教施設の様子などがフォーカスされ、当時は大きな衝撃を受けました。信者はうなぎのぼりに増え、海外に支部もあったほどです。では、どんな人が新興宗教に心酔し、洗脳されてしまうのでしょうか。

「心の隙間」につけこまれる

マズローの五段階欲求のうち、人は「生理的欲求=食べる、飲む、寝る」「安全欲求=家がある、健康を維持できる空気や水」から欲求を満たそうとします。しかし、先進国である日本において、これら衣食住に満たされない人はごく少数派です。

普通に満たされることは、生きる上で欲求に成りにくいといえます。ところが、次の欲求段階である「社会欲求(愛の欲求)=集団に属す、家族を作る、友達や恋人の存在」「承認欲求=他者から認められたい、尊敬、尊重されたい」になると話は変わります。日本人にとって、「生きる」うえで最も求められるのは、この2つではないでしょうか。「誰かに認められたい」「誰かと一緒にいたい」。ここにこそ、「心の隙間」ができてしまうのです。

「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいる

前述の「心の隙間」に付け込むのが、「洗脳」です。洗脳とは、以下の要素から成り立っていると定義できます。

1.集団による長い時間を過ごす
2.共感的姿勢から、人格否定をする
3.優しくしたり、厳しくしたりを繰り返す
4.閉鎖的環境に隔離し、集団の考えを刷り込む

洗脳によって支えを得て、しかも、そこに霊的なものや神秘的な要素が加わります。そういったものはある意味「何でもアリ」の状態になり、自分自身に不満や弱さがあれば、それを解決する答えが見つけられると思い込んでしまいます。

私たちの日常には、こうした「心の隙間」に付け込む新興宗教やネットワークビジネス、詐欺などが隣り合わせで存在しています。振り返ってみて下さい。今まで「自分は大丈夫」だと思っていたとしても、いつの間にか「モノ信仰」「情報信仰」に陥っていないでしょうか。報道で目にするような事件だけでなく、「洗脳」は案外、身近なところに潜んでいるかもしれません。

青柳雅也

独自手法で短期解決をもたらす心理カウンセラー

青柳雅也さん(カウンセリングルーム アンフィニ)

Share

関連するその他の記事

こんな時だからこそ子どもと一緒に楽しめるゲームにチャレンジ!

新型コロナの影響で、子どもたちの遊ぶ時間が減りストレスが溜まってしまいます。そこで、親子で楽しめるゲームを紹介します。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

外出自粛による休業中、休校中の空き巣被害が続出 狙われる店の特徴、効果的な防犯対策とは?

泥棒が侵入をあきらめる条件や、日ごろからできる防犯対策とは。防犯・危機管理アドバイザーの神田正範さんに聞きました。

神田正範

神田正範さん

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

消毒用アルコールに潜む火災危険性について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、消毒用アルコールの使用機会が増加していますが、そんな消毒用アルコールの火災危険性について紹介します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

窮屈な外出自粛生活を助ける動画配信などのサブスクリプション。シェアリングやサブスクは生活を豊かにするか

家の中で動画や音楽を視聴する時間が増え、定額の支払いで見放題・聞き放題になる「サブスクリプションサービス」を利用している人が多いようです。「シェアリング」や「サブスク」などは、人々の毎日を少しでも豊かなものにしてくれるのでしょうか。経営コンサルタントの金子清隆さんに聞きました。

金子清隆

金子清隆さん

ITの有効活用・コスト見直しに強いコンサルタント

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す