マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「ネオ・70年代」を彩る春メイク「抜け感」がポイント

「ネオ・70年代」を彩る春メイク「抜け感」がポイント

カテゴリ:
美容・健康

2015春夏コレクションは「ネオ・70年代」の要素が満載

「ネオ・70年代」を彩る春メイク「抜け感」がポイント

ボヘミアンやヒッピーテイスト、ワイドパンツなど「ネオ・70年代」の要素が満載の2015春夏コレクション。春らしいパステルカラーや鮮やかなヴィヴィッドカラー、ロマンティックで大胆な花柄のモチーフなど、ハッピーテイスト満載のファッションは、見ているだけでワクワク・ウキウキ楽しくなってきます。

そんな「ネオ・70年代」のファッションを彩る「今年の春メイク」は「強すぎないメイク」をオススメします。

70年代のメイクの迫力を「色と濃さ」ともに抑える「抜け感」

1970年代のメイクの印象といえば、ダークな目元にグロッシーで真っ赤なリップ。くっきりと引かれた黒のラインとヌーディーでマットな口元など、インパクト大のメイクでした。そんな70年代のメイクの迫力を「色と濃さ」ともに半分以下に抑えた「抜け感」がポイントです。

例えば、今シーズンに発売されるヴィヴィッドでクリアなピンクやアプリコット、コーラルオレンジ、淡いグリーンなどの明るい色をつけるときは、リップはブラシでキレイに描くより指先で軽くトントンと無造作な感じでのせていきます。チークを華やかに強調するときは、目元のシャドウをニュアンスカラーやベージュ系などで色みを抑えて全体のバランスを取っていきましょう。

「強すぎないメイク」の太眉は「淡く・明るく・ナチュラルに」

そんな「強すぎないメイク」の最大のポイントは眉メイク。昨年に引き続き太眉ストレートが人気ですが、まさに「強さの象徴」。「強すぎないメイク」の太眉は「淡く・明るく・ナチュラルに」。眉ペンシルでくっきりと描くより、眉のパウダーベースとアイブロウブラシで自然に仕上げていきます。ベースカラーはイエローより栗色マットがオススメ。肌映りがきれいでヴィヴィッドカラーとの相性も抜群です。

そして、色鮮やかな春メイクをより美しく仕上げるポイントは透明感のあるベースメイク。ファンデーションはとにかく薄く軽くのせ、ニュアンスカラーで自然なツヤをプラスしていきましょう。

春のスキンケアは、たっぷりの化粧水で水分補給と保湿を

しかし、そんな心躍る春ですが、季節の変わり目のため、トラブル肌で悩まされる人も多いはず。暖かくなって皮脂や汗が出やすくなる春のスキンケアは、丁寧な泡洗顔で汚れを落として、たっぷりの化粧水で水分補給と保湿を心がけてください。

ファッションもメイクも自然体で楽しめることが何より大切。「抜け感」で気軽に楽しめるのが今年の春メイク。ぜひトライしてみてください。

斎原晶子

一人ひとりの魅力を引き出すヘアメークのプロ

斎原晶子さん(有限会社 スタジオクルール)

Share

関連するその他の記事

コロナ太りにはコレ!簡単にスッキリ解決する方法5選

コロナによる自宅自粛の結果、痩せていた女性がいきなり太ったり、むくんだりするといった話を聞いたことはありませんか?本記事では、コロナ太りの原因と対処法を詳しく紹介します。

上野由理

上野由理さん

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

低体温の人は暑がり?クーラーの中で生活する本当の怖さとは?

本記事では、低体温の方の特徴について詳しく説明します。低体温の方が体調をくずさないよう、参考にしてみてはいかがでしょうか。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

マスク着用で介護や保育現場、裁判員裁判でも戸惑い。表情の伝わりにくさをどう補う?

第一印象が重視される接客業や仕事上の営業活動でも、なるべく相手に不安や不快感を与えることなく意思を伝えるためには、どのような工夫が必要でしょうか。マナー講師の菅原久美子さんに聞きました。

菅原久美子

菅原久美子さん

「声」と「第一印象アップ」のプロ

Withコロナ時代の新しい気分転換法の見つけ方

新型コロナウイルスの影響が長期化し、不安な方も多いのではないでしょうか。そこで、新しい気分転換の見つけ方を紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す