マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 愛しすぎて幻影も「ペットロス」の乗り越え方

愛しすぎて幻影も「ペットロス」の乗り越え方

カテゴリ:
くらし

ペットとの絆が強ければ強いほど悲しみや喪失感が大きくなる

愛しすぎて幻影も「ペットロス」の乗り越え方

飼っていたペットが死亡したり、行方不明になったときに、深い悲しみや喪失感を持つことを「ペットロス」といいます。近年、ペットが家族の一員のような位置づけになっている場合が多く、絆が強い分、別れるときの悲しみや喪失感は大きくなっています。

ペットロスの症状は、ペットを飼っていた家族全員に起きるわけではありません。同じ家族でも、そのペットとの結びつき加減により、症状の出方が異なります。かわいがっていても、適度な距離感で暮らしてきた人は、あまり症状もひどくなく、短期間で悲しみが無くなっていくでしょう。しかし、ペットの面倒を中心になって見てきた人、子どもや友だちのように接してきた人は、乗り越えるのに時間がかかる場合が多いようです。もう一度会いたい気持ちが高じて、ペットの幻影を見たりする人もいます。

ペットロスは、ペットを飼ったことがない人や、ペットとそれほど深いつながりを持たない人には、気持ちが理解できないこともあります。それだけに、自分だけが悲しみに暮れていることに対して、孤独を感じたり罪悪感を持ったりして、症状が長引くこともあります。

ペットを誰かの代わりにしていなかったか?

現代人は、安らぎを求めてペットとのつながりがますます深くなっています。ペットと別れることになったときの乗り越え方を知っておくだけでも症状が軽くなるはずです。

まず「ペットを誰かの代わりにしていなかったか?」と考えてみましょう。悲しくて落ち込んでいるときは無理だと思いますが、少し気持ちが落ち着いてきたら、ペットを子どもや友だち、恋人などの代わりにしていなかったかを考えてみると、その後の人生を見直すことにもなっていきます。

また、「愛されていない」思いが強いと、ペットを愛しすぎてしまう傾向にあるようです。人間は誰でも「愛されたい」と思っていますが、過去に「愛されていなかった」思いがあると、自分が受けたかった愛をペットに向けてしまうことがあります。この原因は、子どもの頃の親子関係までさかのぼります。あまりにペットへの思いが強すぎる場合には、そのあたりの解決も考えてみると良いでしょう。

気がすむまで悲しみ、その後は、日々の生活をきちんと送る

そして、ペットロスを乗り越えるためには、気持ちを抑えず、気がすむまで悲しみ嘆くことをお勧めします。ペットがいなくなって寂しい、悲しい、空虚な気持ち、怒りなどの湧いてくる感情を抑えると、うつ状態に移行したりして長引くことがあります。泣きたかったら泣いて、悲しかったら悲しむことです。そうすることで、時間とともに症状が消えていくでしょう。

もうひとつは、日常生活の中で、やるべきことをきちんとこなすこと。泣き暮れてペットのことばかり考えていると、症状が解消されません。それは、思考が現実化していくからです。日々の生活をきちんと送ることで、悲しみや喪失感を忘れる時間ができます。さらに、散歩に出て、ペット仲間やペットを散歩させている人に話しかけてみましょう。ペットを飼っている多くの人は、ペットと別れた経験があります。同じような気持ちになった人と話すと、心が癒やされるものです。

ペットは、私たちの生活に潤いや楽しみをもたらしてくれます。家族のように暮らしながらも距離感をもって付き合っていけると、生活がより充実し、ペットロスも軽くてすむかもしれません。

女性のための心理カウンセラー

安藤はま子さん(サラカオル株式会社)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す