マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 幸せって何だっけ?「幸福感」を高める心がけ

幸せって何だっけ?「幸福感」を高める心がけ

カテゴリ:
くらし

日本の「幸福度」は先進国最下位

幸せって何だっけ?「幸福感」を高める心がけ

米シンクタンクのピュー・リサーチセンターが2014年に世界各国の「幸福度」を調べたところ、イスラエルが75点、米国が65点、ドイツが60点、英国が58点と、上位を占め、日本の「幸福度」は43点で先進国最下位となっているそうです。

日本はなぜ、幸福度が低いのでしょうか?幸福感とは、抽象的な感覚のことです。こうした感覚には慣れがあって、幸福な状態が続くと、特に何も感じなくなってしまうということがあります。日本の幸福度が低いというのは、ひとつにはこの状態になっているのではないかと考えられます。海外に出てみると、日本は平均的にお金もあり、至れり尽くせりの国だと感じます。こういった恵まれた国に暮らして幸福感が少ないというのは、やはり「幸せ」というものが当たり前になっているのでしょう。

「欲しいのに買えない」。長引く景気の低迷が「不足感」に?

他の理由を付け足すとすれば、景気の低迷が続き、バブル期のときのように何も考えず物を買える状況の人たちが減ったことが関係しているかもしれません。

生活のことをあまり深く考えずにお金を使えるという状態は、ストレスが少ないといえます。TV、ネット、雑誌、新聞などからは、毎日売ろうとする物が嫌というほど発信されています。それが「欲しいのに買えない」ということは、毎日ストレスにさらされているようなものです。このような状況で幸福を感じるのは難しいでしょう。不足感が、いつもあるということです。

自分自身と周囲に感謝し、夢を持って暮らせば人生が豊かに

では、どうしたらもっと幸福感を高めて生きていけるでしょうか?そのためには、今の自分が満たされた状態であることを感じ、未来への展望を持つことが大切です。そのために、次のようなことを心がけてみましょう。

■自分自身や健康に対して感謝をする
自分自身や健康に感謝する機会は少ないかもしれません。しかし、当たり前に生きていられることは、本当はとても有難いことなのです。

■周りの人たちに対して感謝をする
家族や親せき、会社の同僚・上司・後輩、友人などは、あなたの分身のようなものです。大切にしたいですね。

■周りの物たち、現在の環境に対して感謝をする
今ある物たち、現在の環境は、あなたが必要と感じたので引き寄せたものです。あなたの元に来てくれたことに感謝をすることで、もっと輝いてくれるでしょう。

■「小金持ちになろう」と決めて生活する
お金で買えるものは多いです。自分のやりたいことができるくらいの小金持ちになることは、思考を決めれば近づいていけるものです。こういったチャレンジは、人生にワクワク感を生み出します。

■夢を持って暮らす
お金の有無とは関係なく、「将来、○○したい」と夢を持つことは、人間にとって幸福なことです。そこに近づいていくことを楽しむスタンスを保つことができれば、人生が豊かになるでしょう。

「幸せって何だっけ?」。この答えは、その人により違います。このようなニュースをきっかけに、「幸せ」について考えてみてはいかがでしょうか?

女性のための心理カウンセラー

安藤はま子さん(サラカオル株式会社)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す