マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

JIJICO編集部ピックアップ記事

長谷川穂積が怒り ボクサーは正当防衛適用外?

プロボクサーの長谷川穂積選手が自身のブログで「拳が凶器」の法律について怒りをあらわに。ボクサーは正当防衛が適用されないのか?元プロボクサーでタレントのガッツ石松さんの「伝説」を紹介しつつ正当防衛について弁護士が見解を述べる。

藤本尚道さん

職人かたぎの法律のプロ

太陽光より経済的?地中熱を利用する住まいのメリット

地中の熱的特性を活用する「地中熱」。導入支援のための助成金制度が創設されたことで日本での普及も加速することが予測される中、住まいに「地中熱」を利用するメリットについて一級建築士が解説。

高塚哲治

高塚哲治さん

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導く一級建築士

マダニによるウイルス感染増加 ダニを防ぐ掃除術

マダニがウイルス媒介する「重症熱性血小板減少症候群」。西日本を中心に感染し死亡者も報告され、今後の感染拡大も懸念されている。ダニが多く発生するカーペット、布団・ベッドマット、ぬいぐるみの掃除方法をプロがレクチャー。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

派遣社員が正社員になるためのアピール術

派遣社員の半数近くが正社員を希望し、「就職活動をやり直したい」と考える派遣やアルバイトなどの非正規の若者は約6割に。企業が望む社員のイメージをアピールすることが正社員への近道。3つのポイントでイメージコンサルタントが解説。

城戸景子

城戸景子さん

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

人気高まるラップ口座のメリットと注意点

金融機関に資産を預けて運用してもらう「ラップ口座」。分散投資のため価格変動リスクが低く比較的安全である一方、注意しなければならない点も。人気高まるラップ口座についてファイナンシャルプランナーが解説。

佐々木茂樹

佐々木茂樹さん

身近なお金の問題から人生設計までサポートするプロ

五輪招致の勝因から学ぶプレゼンの極意

オリンピック・パラリンピックの東京開催を勝ち取ったIOC総会での最終プレゼン。「声と話し方」「話の内容」「ジェスチャー」から勝因を探り、プレゼンを成功させる3つのポイントについて元NHKキャスターの「話し方のプロ」が伝授。

川邊暁美

川邊暁美さん

ビジネスに生かすスピーチ指導のプロ

雇用調整助成金の厳格化で解雇トラブル増える?

今年の12月から雇用調整助成金の支給が厳格化へ。支給基準が厳しくなれば安易な解雇につながり、解雇トラブルを招く恐れもあると社会保険労務士が指摘。中小企業の労務リスク対策として、解雇の基本要件も解説。

庄司英尚

庄司英尚さん

現場を大事にする社会保険労務士

脱法ハウスは「違法ハウス」 問われる刑事罰は?

全国で問題視されている脱法ハウス。「寄宿舎」としての要件を満たさない脱法ハウスは建築基準法、消防法、旅館業法違反の可能性があり、「違法ハウス」と断言した方が実態に即していると弁護士が指摘。

藤本尚道さん

職人かたぎの法律のプロ

婚外子相続格差の違憲判断、過去の相続に影響も

婚外子相続格差の違憲判断について「違憲判断がさかのぼって及ぶことを認めない」と異例の言及を行った最高裁。しかし、確定済の遺産分割の無効が訴えられ、混乱が生じる可能性も。過去の相続への影響を指摘し、紛争防止策を司法書士が解説。

西村やす子さん

六次産業化支援のプロ

大病院、初診1万円に 身近な「かかりつけ医」選びのポイント

紹介状を持たずに大病院に来る患者の初診料が1万円に引き上げられることが検討中。「かかりつけ医」と病院の機能分化が進む今、「かかりつけ医」選びのポイントについて医師が解説。

大西勝也

大西勝也さん

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

フラット35再び頭金なしOK 全額融資は借り手に朗報か?

国土交通省はフラット35の融資の上限を2年ぶりに撤廃し、購入金額の全額を融資できるように決定。借り手にとって朗報なのか?頭金なしでローンを組むリスクについて住宅ローンアドバイザーが解説。

戸軽進さん

生涯設計を大切にする不動産コンサルタント

「被災者支援法」放置を提訴 判例から見る司法判断は?

復興庁が基本方針を発表するまでに1年以上が経過し、法案成立から放置されてきた「原発事故子ども・被災者支援法」。法案の早期具体化を求め被災者が訴訟提起に。判例から見る司法の判断について弁護士が見解を述べる。

白木麗弥

白木麗弥さん

身近な相談相手として、問題を解決できる女性弁護士

「特別警報」発表後では遅い!ただちに命を守る行動

気象庁は「特別警報」の運用を開始。ただ、特別警報を聞いてから行動しては手遅れになるケースも。災害時の被害を最小限に抑え、ただちに命を守る行動について防災のプロが解説。

仙波誉子

仙波誉子さん

消防・防災のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す