まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

自閉症の事をいつ知るか?今でしょ! ~あの有名人たちも実は自閉症だった~

自閉症の心理学・広汎性発達障害

2013年7月18日 / 2013年7月19日更新

今「今でしょ」で話題の、林先生という方。
実はあの方も自閉症だったと言ったら驚きませんか?

実際お会いしたわけではありませんし
お話を伺ったわけでもないので
私の窺い知る範囲での見解ではありますが
メジャーリーグで活躍されてるイチロー選手なんかも
実は自閉的特徴を兼ね備えた人なんですね。

私は自閉症なんて言ってますが
だからといってその人が自閉症だと言ってるのではなく
あくまで自閉的特徴を兼ね備えた人、という意味でご理解ください。

林先生にしても、どうして自閉症と言えるのか
説明出来るには出来るんですが
説明してると長くなりますし、ここでは割愛させていただきますが
自閉的特徴を兼ね備えた人は、一見しただけではわかりません。

むしろ、他の人には真似できないような
ズバ抜けた才能をお持ちの方が多いのですが
自閉的特徴としては、ズバリその特徴をお持ちであるのがわかります。

林先生の「今でしょ」も、単に一つのキッカケであって
何も流行らせたいために(話題になりたいために)
今でしょなんて言い始めたのではないんですね。

この言葉が流行する前から、きっと言われ続けてたと思いますよ。
しかもご本人にとってはごく自然に、当たり前の事のように。

イチロー選手にしても、その発言から
周りがひがんで捉えるような発言だったり
もっと気の利いたようなコメントは出来ないのかと思わせるような
発言をされてるように思いますが
ご本人は、そんな周りの人間に合わせて
世間の期待に応えるために野球をされてるのではありません。

お二人とも、全部自分のためにやってらっしゃるんですね。
それが他の人のためにもなってるってだけなのです。

だから他人の言う事なんかにいちいち振り回されませんし
一貫して自分の考えのもとに行動されてるのです。

他にもこのような自閉的特徴を兼ね備えた人は
世の中には沢山いらっしゃいます。

私から言わせれば、政治の世界の石原さんや橋下さんだって
自閉的特徴を兼ね備えた人だと言えます。
(たまたま同じ政党の人ですが
あくまで人間個人として見た場合で例を挙げています。
自閉的特徴を兼ね備えた人とはどういう人なのか?
イメージや感覚的に捉えていただければとの趣旨ですので
どうぞご理解願います)

一般的に言えば、変わった人で片付けられるような人というのは
実はある分野に才能を発揮するような人で
自閉的特徴を兼ね備えた人だと言えるのです。

ですから周りの人間は、その人の言ってる事がしばし理解し難く
時には何を言ってるんだと反感を買ったり
発想がスゴすぎるなんて、尊敬の念を抱いたりするんですね。

しかも本人は、人にスゴイと思ってもらったり
認めてもらいたいがために、その事をやってるのではないんです。
実際にその分野で功績を収められてる方というのは
得てして自閉的特徴を兼ね備えた人ばかりだと言っても過言ではないでしょう。

もちろんその特徴があるがゆえに
社会の中で生きにくい思いをしたり
その才能や個性を認められるまでには(周りが認めるようになるまでは)
トラブルやストレスも多く抱えて来られたと思います。

何しろ本人は、偉業でも何でも、平然とそれを成し遂げますから
人気や注目、羨望の眼差しを集めたり
嫉妬されたり皮肉を言われたりするんですね。

今回は、どういう人が自閉的特徴を兼ね備えた人なのかを
感覚的に理解しやすいようにご説明して来ました。

自閉的特徴を兼ね備えてるからといって
何もその人が自閉症だという事ではありませんし
何か才能があるからと、羨ましがるような事でもありません。

自閉的特徴というのは、誰しもが持ち合わせてるものなんですから。

自分の持つ、この自閉的特徴は何なのかを知る事で
心の悩みや様々なトラブルに対しても
解決へと繋げる事が出来るようになります。

あなたもぜひ心理カウンセリングを通して
自分の才能を発見したり、心の悩みやトラブルを解決したり
人生を豊かなものにしていきましょう。

(今回の記事は、人物評価や分析ではありません。
また、自閉症と言うと語弊を招きやすいので
単に自閉的特徴を兼ね備えた、と表現しています)



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。


京都カウンセリングラウンジ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share