マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 高齢者を襲う「3つのD」

高齢者を襲う「3つのD」

カテゴリ:
医療・病院

認知症と間違われやすい「高齢者のうつ病」

高齢者を襲う「3つのD」

近年、認知症に関する情報があふれ、「物忘れ」の症状が出ると早めに精神科(心療内科)を受診するケースが増えつつあります。その中で、認知症と間違われやすい「高齢者のうつ病」があるということも、だんだん認識されてきました。これは、精神医学では「偽痴呆(ぎちほう)」と呼ばれており、高齢者のうつにおいて、記憶障害が目立つ認知症的な状態のことです。うつでは、元気がなく、意欲や物事への関心がなくなり、頭の回転も悪くなりますが(これらは認知症でも見られる症状です)、若い年齢では記憶が悪くなることはありません。高齢者は、老化のために記憶力が落ちているので、そこにうつが生じると一気に低下しまうことがあり、周囲の目にも本人にも、「ぼけた」状態に映ってしまうのです。これが「偽痴呆」の状態で、特に高齢(65歳以上)になって、初めてうつが発症した場合に(「老年期うつ病」という)、認知症との鑑別が専門医でも難しいことがあるため、このような呼称が生まれましたが、特殊なうつ病を指すものではありません。

また、認知症の初期に、憂鬱な気分や悲観傾向など、うつ的な症状が現れることがあり、本格的なうつ病が認知症に合併してくることも少なくありません。

アメリカのプライマリーケアの標語「3つのD」

アメリカのプライマリーケアでは、高齢者の「3つのD」という標語があり、常識になっています。「3つのD」とは、Dementia(認知症)、Delirium(せん妄)、Depression(うつ)を表し、高齢者に起きやすい症状として注意を呼びかけています。

「3つのD」は、いずれも老化による脳の機能低下が根本にあって生じてくるので、単独で発生することもあれば、互いにオーバーラップすることもあります(3つの合併もあり得る)。せん妄とは、突然に始まる症状で、しばしば夜間に起こり、夢遊病のように行動したり、幻覚を見たり、大声を出したりするもので認知症に合併することもあります。

高齢者のうつ病は、薬が効きやすく、治療しやすい。早期受診を

うつ病は、働き盛りの重大な病気として注目されていて、その初発年齢は、20代・50代と、おおむね青壮年期にピークを迎えます。一方、老年期は、老化という体の衰えに加えて、退職、子どもの独立、配偶者の死去など、大切な「より所」を失う体験(喪失体験)を強いられる厳しい時期でもあります。老化による適応力の低下によって、そのような大きい変化に対応し難くなっています。記憶力が低下し、思考力も柔軟さが減ってきます。また「幸せ物質」とよばれるセロトニンも、年齢とともに低下します。すなわち、初発、再発を含めて老年期は、うつが起こりやすい時期なのです。ところが、年を取って「元気がなくなる」「意欲がなくなる」「食欲がなくなる」のは「むしろ当たり前だ」と取られがちなために、高齢者のうつでは、周囲も本人もそれと認識せずに長期間放置しているケースが多く認められます。

高齢者のうつの特徴として、記憶障害もその一つですが、「腰痛」「動悸」「ふらふらする」といった身体症状のみが自覚されるため、内科疾患として扱われることも珍しくありません。うつ病の特徴であるところの「早期覚醒(朝、異常に早く目が醒める)」も、老人の睡眠の特徴と混同されがちなので注意が必要です。高齢者のうつ病は、薬が効きやすく、治療しやすいものです。反対に悪化すれば、「3つのD」の関係で、脳が更に弱って認知症も発症しやすくなります。「物忘れ」が目立ち始めたら、認知症かうつを疑って、まず専門医に受診することをオススメします。

池上司

精神科医・ユング派分析家として心理療法を行うプロ

池上司さん(池上クリニック カウンセリングオフィス)

Share

関連するその他の記事

「マスク熱中症」の不安 暑い、息苦しい夏場のリスクや予防法は

気温が高い中、マスクを着用することで熱中症のリスクは高まるのでしょうか。新型コロナウイルスの感染と熱中症、両方の予防を行う方法とは。内科医の大西勝也さんに聞きました。

大西勝也

大西勝也さん

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

新型コロナウイルスの影響で、マスクを着用しての生活が余儀なくされていますが、マスクを着用することで、酸欠状態に陥り健康状態を害している可能性があるようです。この機会に、酸欠解消に呼吸法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

初診でも「オンライン診療」が可能に 遠隔診療は日本の医療が変わるきっかけになるのか

4月13日から特例として、感染流行期間に限り、初診時のオンライン診療を解禁しました。新型コロナウイルスをきっかけに、日本でもオンライン診療が広がるのでしょうか。遠隔医療システムなど、医療のICT環境に詳しい嗣江建栄(しえけんえい)さんに聞きました。

嗣江建栄

嗣江建栄さん

遠隔医療で世界を変えるICT企業代表

コロナウイルス対策に必要な衛生管理と自己鍛錬による免疫強化

猛威を振るっている新型コロナウイルス。体内へのウイルス侵入を最小限に抑えるための対策方法を紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す