マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 冬も美脚!足のむくみを解消するセルフケア

冬も美脚!足のむくみを解消するセルフケア

カテゴリ:
美容・健康

ふくらはぎは「第2の心臓」。ポンプ機能の低下で老廃物だらけに

冬にな

冬も美脚!足のむくみを解消するセルフケア

ると、女性を悩ませるのが足のむくみ。夕方にはパンプスが少しきつくなったり、ひどい時にはブーツのジッパーが上がらなかったりすることはありませんか?冷え性の人は血液の循環が悪くなっていて、むくみやすい体質の傾向にあるため、寒い時期は特に注意が必要です。

一日中、立ちっぱなし、あるいは座りっぱなしで仕事をしている女性が、足のむくみを訴えるのはとても多いです。立ちっぱなしは地球の引力に逆らっている状態で、座りっぱなしはお尻から下が「うっ血」しているような状態です。いずれも、ふくらはぎにある筋肉の動きで働く「ポンプ機能」に負担をかけています。

このポンプ機能が心臓をサポートしていることで、ふくらはぎは「第2の心臓」ともいわれています。ふくらはぎを使って歩くだけでも比較的簡単にポンプ機能がアップし、全身を活性化させることができますが、一方、筋肉が硬くなり、ポンプ機能が凝り固まって低下していると、ふくらはぎは老廃物だらけになってしまいます。すると、美脚の大敵「むくみ・冷え」を生じやすくなるのです。

1時間かけて浅い筋肉と深い筋肉をほぐすと効果てきめん

今回は、足のむくみを解消するセルフケアについてお伝えします。

まず、表面近くの筋肉をほぐすには、力を入れてグッグッと押してください。力を入れると表面の筋肉が反応してほぐれてきます。次に、深層筋肉をほぐしてあげましょう。ほぐしたい箇所に手を当てて全身の体重をかけながら、力を込めずに、深く息をゆっくり吐きながら押してください。浅い筋肉と深い筋肉をほぐすこのマッサージは、むくみ・冷えに効果てきめんです。

今日の足のむくみを明日に持ちこさないように、できれば1時間くらい、テレビでも見ながらほぐしてあげると良いでしょう。時間が確保できない時には、お風呂に入っている時に意識してほぐしてあげるのもオススメです。セルフケアで、今年の冬は美脚を目指してください。

上野由理

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

上野由理さん(サロン・ド・コンソラーレ)

Share

関連するその他の記事

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

高齢化が進む中、自治体などによりさまざまな介護予防の施策が実施されています。参加者の伸び悩みが課題になる一方で、多くの地域住民が集まり、介護予防への意識喚起に成功しているところもあります。その理由と事例について解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

冬に爪が割れる…保湿が爪先美人の第1歩。でこぼこや縦線の予防にも効果

冬になると爪が割れて、セーターやタイツなどにひっかかり、ストレスを感じることが多いですよね。その原因は爪の水分不足にあります。指先ケアの方法ついてご紹介します。

渡辺幸子

渡辺幸子さん

あなたの好きを幸せに変えるネイルと香りのスペシャリスト

人生100年時代にフィットネスブーム到来。ボディメイクだけではないその役割とは

働き方改革で、現役世代が自由に使える時間が増えたこと、75歳以上の医療費が窓口負担増になるなどを背景に「健康寿命を延ばしたい」と考える人が増えました。進化し続けるフィットネスクラブは、今後私たちの生活のなかでどのような位置づけになっていくのでしょうか。「40才からの体づくり専門家」でパーソナルトレーナーの日高靖夫さんに聞きました。

日高靖夫

日高靖夫さん

40才からの体づくり専門家 パーソナルトレーナー

マラソン愛好者必見!冬トレーニングで圧倒的レベルUPを実現する鍛え方

春の大会に向けてトレーニングを積んでいるランナーも多いかと思います。冬は、日が短くなるうえ、雪が積もるなど走れる時間なども限られてきます。しかし、上達し記録を伸ばすための鍛錬は走ることだけではありません。冬の間だからこそ取り組むべきトレーニングについてご紹介します。

八巻稔秀

八巻稔秀さん

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す