JIJICO(ジジコ)

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 美容・健康
  4. 秋の温活で夏の冷えを解消し冬を暖かく過ごしましょう!

秋の温活で夏の冷えを解消し冬を暖かく過ごしましょう!

カテゴリ:
美容・健康

■ 体温と隠れ冷え

秋の爽やかな風が心地よい季節ですが、この時期に気をつけたいのが「隠れ冷え」とも呼ばれる体の冷えです。夏の間にエアコンなどで溜まった体の冷えは意外に根深く、放置すると冬になってもっと深刻な冷えにつながる可能性があります。
そうならないために、秋に温活を始めてみてはいかがでしょうか。それが冬を暖かく過ごす秘訣なのです。このコラムでは、秋の温活の重要性と、その具体的な方法について掘り下げていきましょう。

体温は私たちの健康にとって非常に重要な指標です。体温が1度下がると、免疫力は約30%低下し、代謝も約12%落ちると言われています。これは、体温の維持が生命活動に不可欠なエネルギー生成に直結しているためです。また、体温が低いと血流が悪くなり、必要な栄養や酸素が体の隅々に届きにくくなります。このように血流と体温は密接に関連しており、免疫力や代謝だけでなく、体全体の機能維持に必要不可欠なのです。

さらに、体温の低下は、疲労感や集中力の低下、筋肉のこわばりや痛みなど、日常生活における様々な不調の原因ともなります。秋に入り気温が下がり始めると、体は冷えに対して敏感になり、これらの不調を引き起こしやすくなります。そこで重要となるのが、体温を適切に管理し、冷えを予防する「温活」の実践です。具体的には、温かい飲み物を摂る、適度な運動を行う、温かい服装を心がけるなど、日々の生活の中で意識的に体温を維持する工夫が求められます。

■ 夏の冷えは秋になっても溜め込まれたままに

秋の温活は、夏の間に溜まった体の疲れや冷えを解消するためにも重要です。夏に強い日差しの下で活動したり、冷たい飲み物やエアコンの効いた部屋で過ごしたりすることが多いため、外は暑くても、体内では意外と冷えが蓄積されています。これを放っておくと、体はじわじわと疲れを感じやすくなり、秋になって気温が下がるとその冷えが顕著に現れ始めます。特に体の末端は冷えやすいため、足元からしっかりと温めることが大切です。

■ ストレスと冷えの関係

秋になると、日照時間が短くなり、太陽の温もりも減ってきます。この季節の変わり目は、体が新しい環境に適応しようとするため、自然と体力が消耗しやすくなります。夏の間に活動的だった私たちの体は、秋に入ると一息つきたがるものです。しかし、この時期に適切な体のケアを怠ると、体は冷えやすく、免疫力も低下しやすい状態になります。

■ 日常でできる温活

秋の訪れは、夏の疲れを癒やし、新たな季節の準備をする理想的な時期です。この時期には、心と体の両方に対するリフレッシュが重要となり、適切な温活を通じて冬に向けて体調を整えることができます。

具体的な予防策として、まずは日常のリズムにメディテーション(瞑想)やヨガを取り入れることから始めましょう。これらの静かな活動は、精神的な安定をもたらし、内側からの温かさを感じることができます。メディテーション(瞑想)によって心の静寂を得ることは、ストレスの軽減にもつながり、ヨガのポーズは体の柔軟性を高めるだけでなく、血流を改善し体温を上昇させる効果があります。

次に、新しい趣味や活動を始めることで、心に新鮮な刺激を与えます。例えば、絵画や手工芸、秋の風景を撮影する写真撮影など、創造的な活動は心を豊かにし、同時に動きを伴うことで体を自然に温めます。また、料理を学ぶことは、体を内側から温める秋の食材を使ったレシピに触れる良い機会です。

さらに、秋の旬の食材を使った食事は、体を温めるのに役立ちます。かぼちゃやさつまいも、きのこ類といった食材は、体を温める性質を持ち、美味しく温活をサポートしてくれます。これらの食材を使ったスープや煮物は、冷えが気になる体に温かさを与え、免疫力の向上にも寄与します。

■ 食生活と温活

秋の温活で重要なのは、体を温めるだけでなく、免疫力を高める食生活にも注目することです。秋には旬の食材が豊富に市場に出回りますが、その中でも特に免疫力を高める食品を意識的に摂取することが大切です。

免疫力を支える食材としては、ビタミンとミネラルが豊富な野菜や果物が挙げられます。たとえば、ビタミンCが豊富な柿やキウイは、風邪の予防に役立ちます。また、β-カロテンを多く含むかぼちゃは、免疫細胞の機能を向上させると言われています。さらに、鉄分や亜鉛を多く含む食材は、免疫系の細胞が適切に機能するために不可欠です。これらの栄養素は、レバーや牡蠣、ほうれん草、アーモンドなどに含まれています。

この季節にお勧めしたいのは、体を温めるスパイスを取り入れた料理です。例えば、生姜や唐辛子、シナモン、クローブなどは、体を内側から温める効果があり、風邪を引きやすい季節の変わり目には特におすすめです。これらのスパイスを使った料理や飲み物は、消化を助け、代謝を促進し、体温を上げるのに役立ちます。

また、秋には体を温める効果があるとされる発酵食品も積極的に取り入れましょう。納豆や味噌、キムチなどの発酵食品には、消化を助ける酵素や腸内環境を整える善玉菌が含まれており、体の免疫力を高めると共に、冷えによる不調を予防する助けにもなります。

■ 日常でできる温活

秋の訪れは、夏の疲れを癒やし、新たな季節の準備をする理想的な時期です。この時期には、心と体の両方に対するリフレッシュが重要となり、適切な温活を通じて冬に向けて体調を整えることができます。

具体的な予防策として、まずは日常のリズムにメディテーション(瞑想)やヨガを取り入れることから始めましょう。これらの静かな活動は、精神的な安定をもたらし、内側からの温かさを感じることができます。メディテーション(瞑想)によって心の静寂を得ることは、ストレスの軽減にもつながり、ヨガのポーズは体の柔軟性を高めるだけでなく、血流を改善し体温を上昇させる効果があります。

次に、新しい趣味や活動を始めることで、心に新鮮な刺激を与えます。例えば、絵画や手工芸、秋の風景を撮影する写真撮影など、創造的な活動は心を豊かにし、同時に動きを伴うことで体を自然に温めます。また、料理を学ぶことは、体を内側から温める秋の食材を使ったレシピに触れる良い機会です。

さらに、秋の旬の食材を使った食事は、体を温めるのに役立ちます。かぼちゃやさつまいも、きのこ類といった食材は、体を温める性質を持ち、美味しく温活をサポートしてくれます。これらの食材を使ったスープや煮物は、冷えが気になる体に温かさを与え、免疫力の向上にも寄与します。

■ 食生活と温活

秋の温活で重要なのは、体を温めるだけでなく、免疫力を高める食生活にも注目することです。秋には旬の食材が豊富に市場に出回りますが、その中でも特に免疫力を高める食品を意識的に摂取することが大切です。

免疫力を支える食材としては、ビタミンとミネラルが豊富な野菜や果物が挙げられます。たとえば、ビタミンCが豊富な柿やキウイは、風邪の予防に役立ちます。また、β-カロテンを多く含むかぼちゃは、免疫細胞の機能を向上させると言われています。さらに、鉄分や亜鉛を多く含む食材は、免疫系の細胞が適切に機能するために不可欠です。これらの栄養素は、レバーや牡蠣、ほうれん草、アーモンドなどに含まれています。

この季節にお勧めしたいのは、体を温めるスパイスを取り入れた料理です。例えば、生姜や唐辛子、シナモン、クローブなどは、体を内側から温める効果があり、風邪を引きやすい季節の変わり目には特におすすめです。これらのスパイスを使った料理や飲み物は、消化を助け、代謝を促進し、体温を上げるのに役立ちます。

また、秋には体を温める効果があるとされる発酵食品も積極的に取り入れましょう。納豆や味噌、キムチなどの発酵食品には、消化を助ける酵素や腸内環境を整える善玉菌が含まれており、体の免疫力を高めると共に、冷えによる不調を予防する助けにもなります。

■ 温活と睡眠

秋の温活には、心地よい眠りを誘う寝室の環境作りも欠かせません。夏の間は汗をかいたり、クーラーの冷えが体に蓄積され、疲れやストレスの原因にもなります。秋には、これらの不調をリセットし、冬に備えて質の高い睡眠を確保することが重要です。

質の良い睡眠を得るためには、寝室の温度や湿度を適切に保つことが大切です。理想的な寝室の温度は、約18〜22度と言われています。また、湿度は50〜60%が快適とされています。温度と湿度を保つためには、湿度調整機能付きの暖房器具や、加湿器を使用することをお勧めします。

寝具選びも重要です。夏用の薄手の布団から、秋冬用のしっかりとした保温性の高い布団に切り替えることで、夜間の体温低下を防ぎます。また、肌触りの良い寝具はリラックス効果もあり、より深い睡眠につながるでしょう。

さらに、睡眠の質を高めるためには、寝る前のリラクゼーションタイムを設けるのも効果的です。温かい飲み物を摂る、アロマテラピーを活用する、リラックスできる音楽を聴くなど、心と体を落ち着ける時間を持つことで、ぐっすりと眠りにつきやすくなります。

■ まとめ

秋の涼しさは心地よいものですが、夏の疲れが残るこの時期は、体の内側から温めて冬に備える温活が特に重要です。温活には、食事や運動、入浴、睡眠環境の整備など、日常生活の様々な側面からアプローチすることができます。適切な栄養を取り入れ、体を動かし、温かいお風呂でリラックスし、快適な睡眠を確保することで、寒い冬を迎える体と心の準備をすることができます。これらの温活の習慣を取り入れることで、秋の短い期間を利用して体調を整え、冬の冷えとその不調から身を守りましょう。美しい秋の時期を活かして、自分自身の健康を向上させることが、冬を快適に過ごすための秘訣です。

上野由理

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

美脚専門家

上野由理さん(ノーブル合同会社)

Share

関連するその他の記事

若者の生理痛は放置してはいけない?鍼灸治療で生理痛は良くなる?!

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

長湯は身体に良くない?熱いお風呂は危険!?安全な入浴方法とは

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

ヨガ教室で耳にする「プラナ」とは?ヨガで生命エネルギーを整えて健康で快活に!

中里えみこ

中里えみこさん

「人生を豊かに生きる」古典ヨガのインストラクター

蕁麻疹は薬やサプリメントの飲みすぎかも?鍼灸治療で改善は可能!?

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

カテゴリ

キーワード