マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. 次世代光ディスクを共同開発 ソニーとパナが手を組んだ背景

次世代光ディスクを共同開発 ソニーとパナが手を組んだ背景

カテゴリ:
ビジネス

情報があふれる時代に記録媒体として有望視される光ディスク

次世代光ディスクを共同開発 ソニーとパナが手を組んだ背景

ソニーとパナソニックといえば、かつて家庭用ビデオテープ全盛の1980年代、ベータ方式とVHS方式で争ったライバル企業として頭に浮かびます。今回のニュースは、この二社で大容量の記録媒体として有望視されている光ディスクの規格争いをリードしようという動きのあらわれです。

光ディスクは、円盤に記録した微小な凸凹にレーザ光を当てて読み取るという原理に基づくもの、音楽や映像だけでなく文書などの一般データも記録できる非常に優れた記録媒体です。身近な例では、CDやDVDがそれにあたります。また、光ディスクは、大容量のデータを記録できるだけではなく、比較的安価で大量生産が容易で、保存時に温度や湿度の影響を受けにくく防塵性や耐水性に優れるといった特徴があり、大変使い勝手の良い媒体なのです。

現在は情報があふれる時代です。コンピュータ、インターネットが普及し、ほとんどの情報がデジタルデータというコンピュータで取り扱える形式で作成され、保存されるようになってきました。写真、映画、文書、書籍、音楽、然りです。そんな中、日に日に増え続けるデータの長期保存が問題になってきました。最近では、クラウドコンピューティングが可能にした、世界中の情報を収集し解析する「ビッグデータ」に関しても、その膨大な情報の保存方法が必要となっています。企業は大容量かつ信頼性の高い保存方法を求めているのです。

熾烈な規格戦争を避け、アーカイブ市場での主導権を握る狙い

そこにビジネスチャンスを見出したのが、今回のソニーとパナソニック。両社共に、大容量の情報を格納して容易に検索利用できる「アーカイブ装置」の事業拡大を目指しています。アーカイブというのは「書庫」という意味で、映画、映像、文書などを効率よく格納し、取り出せる図書館のようなものです。これを次世代の光ディスクで装置化し、アーカイブ市場での主導権を握ろうとしているわけです。この時に障害になるのが、まだ存在していない業界の共通規格。各社が独自規格を開発しても、最終的に熾烈な規格戦争に勝たなければ意味がありません。過去の家庭用ビデオテープでの経験を教訓に「まずは規格を共同開発し、市場そのものを共同で開拓しましょう」ということになったようです。

開発目標は、ディスク一枚あたり300GB以上。現在のブルーレイディスクの10倍以上の容量を目指し、2015年内を目途に開発予定とのことです。実現すれば、映画業界、放送業界、クラウドデータセンターなどの業界にとっては大きなインパクトとなるでしょう。

馬場孝夫

企業で「技術」と「経営」の融合を進める専門家

技術経営コンサルタント

馬場孝夫さん(ティーベイション株式会社)

Share

関連するその他の記事

ザブングルが解散、松尾さんのキャリアチェンジに共感の声が続々。40代は転職のターニングポイントとなる?

お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さんは芸能活動からの引退を表明しました。キャリアチェンジを成功させるために心得ておきたいことを、転職エージェントの岩泉匡洋さんに聞きました。

岩泉匡洋

岩泉匡洋さん

京都・滋賀での就職を支援するプロ

「ほめて伸ばす」心理学‐NGなほめ方と効果的なほめ方の違いとは?

やってはいけないほめ方と効果的にほめるコツを、キャリアコンサルタントで企業の人材育成支援などを行う村山るり子さんに聞きました。

村山るり子

村山るり子さん

心を育てる、人材育成のプロ

会社内に「ヘンズツウ部」、持病の治療や通院のための取り組みや制度の現状は?

健康維持と仕事の両立のために、職場環境を変える動きは今後広まるのでしょうか?社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

オンラインゲームで対戦する「eスポーツ」がリアルスポーツ以上に白熱? 経済や教育、国際理解にも一役

娯楽のみに止まらないeスポーツの魅力とは?プロチームWE-R1チーフプロデューサーでもある司法書士の寺本俊孝さんに聞きました。

寺本俊孝

寺本俊孝さん

eスポーツ事業におけるサポートを行う専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す