マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 被害を最小限に 台風から身を守る12の心得

被害を最小限に 台風から身を守る12の心得

カテゴリ:
くらし

夏から9月にかけて多い台風に要警戒

被害を最小限に 台風から身を守る12の心得

今年の夏も記録的な暑さの一方で、大雨やゲリラ豪雨という異常気象が続いています。これから9月にかけては台風が多い時期となりますが、この猛暑が台風の発生に影響しないか心配です。台風時の強風により建物や樹木などが破壊されるほか、高潮や高波が引き起こされます。また、雨量も非常に多くなるため、河川の増水による水害や、土砂流、崖崩れの土砂災害も起こりやすくなり、警戒が必要です。

台風は地震と違って、ある程度の予測ができます。したがって、日頃から台風への備えをしておくことに加え、台風接近時には気象庁などが発表する情報をもとに対策をとることが大切です。

「自助」の心構えで台風に備えることが被害を最小限におさえる鍵

<日頃から備えておくこと>
1、停電、断水など、ライフラインが中断された場合や避難が必要になった時に備えて非常持ち出し品の準備をしておく。
2、市町村が作成している「ハザードマップ(自然災害による被害範囲を予測し地図化したもの)」を参考に、浸水や土砂災害の発生が予測される近隣の危険個所をあらかじめ調べておく。
3、避難場所や安全な避難ルートを確認しておく。

<台風が接近する前に>
4、窓や雨戸をしっかりと閉めて、必要があれば補強する。
5、側溝や排水溝を掃除して水はけを良くする。
6、ごみ箱や鉢植えなど、風で飛ばされそうなものは固定するか家の中に移動させる。
7、家の中にガラスが飛散するのを防ぐため、雨戸やカーテン、ブラインドをおろす。
8、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

<台風が接近したら>
9、気象庁が発表している台風情報を常に確認する。
10、交通機関が止まるおそれがあるため外出は控える。外出している人は悪天候になる前に帰宅する、もしくは無理な移動は避ける。
11、小川やマンホールに転落する事故や土砂崩れに巻き込まれる事故が多いので、危険な場所には近づかない。

<避難勧告が出たら>
12、市区町村から避難勧告・避難指示が出た時や危険を感じた時は、火の元を確認して、すぐに避難する。

「自分のことは自分で守る」という心構えで、日頃から家族や近隣の人と防災について話し合っておきましょう。「自助」の精神で台風に備えることが、被害を最小限におさえる鍵となります。

仙波誉子

消防・防災のプロ

仙波誉子さん(株式会社岩本商会)

Share

関連するその他の記事

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

新型コロナウィルスの飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

物販店等のレジカウンター等へ感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止用シートの設置が増えていますが、防火防災の観点からは問題になるケースがあるのをご存知でしょうか?この記事では、飛沫防止用シートの火災防止について詳しく説明します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

レジ前のソーシャルディスタンス誘導の足跡マーク。行動経済学などで注目の「ナッジ理論」とは?

マーケティングや防災、医療、環境など、生活のあらゆる場面の問題解決のために活用されている「ナッジ」について、心理カウンセラーの西尾浩良さんに聞きました。

西尾浩良

西尾浩良さん

心理カウンセリングで心を癒やす心理カウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す