マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 眼科健診の重要性について

眼科健診の重要性について

カテゴリ:
医療・病院

眼科検診の研究

日本の成人眼科検診で結果がしっかり解析された代表として多治見スタディ、久米島スタディそして舟形スタディが有ります。
それらは平成12年に岐阜県多治見市で、平成17年には沖縄県の有人離島である久米島町、平成12年から山形県舟形町で行われた検診です。

多治見スタディから40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障であると予想以上に多いことが判明しました。
久米島スタディで見つかった白内障の人で希望者に手術が行われました。
手術数はなんと、約400眼に上り検診参加者の1割強でした。
住民の多くがこれらの疾患でハンディーキャップを抱え、生活の質の低下を来していたのです。

日本人が失明する病気の多くは早期発見・早期治療で防げる

 
現在、成人失明原因の1位は緑内障、2位は糖尿病網膜症で、3位は夜盲を来す網膜色素変性症、4位は最近増えている加齢黄班変性です。
いまだに治療方法が確立していない網膜色素変性症以外は、早期発見・早期治療で進行を遅らせ、失明を防ぐことができるようになってきました。

失明原因としては多くありませんが、網膜剥離や白内障も視力を低下させる重要な病気です。
治療法が進んで、手術で改善したり、失明を食い止めることができるようになりました。

眼科検診の有用性

いつ視力を損なうような目の病気にかかるかは分かりません。
一方で、最近の眼科学の進歩によって、これまで不治の病であった多くの目の病気が、治療できるようになってきました。
ただし、その恩恵を受ける為には早期発見・定期検査が大切です。
中高年になると、様々なトラブルが起こってきます。
そのままにしておくと視力が障害され、最悪の場合は失明という事態になりかねません。
40 歳を過ぎたら眼科専門医による定期検査を受け、目の健康をチェックしてください。

検診で行う代表的な検査を以下に説明します。

視力検査
裸眼視力の他、メガネやコンタクトで矯正した視力も測って、視力の状態を確認します。

眼圧検査
正常値は 10~21mmHg と言われていますが、個人差があります。

視野検査
視界が広いか調べる検査です。

眼底検査
視神経や網膜の状態をみる検査です。必要ならば瞳を広げて、網膜の隅々まで検査します。

細隙灯顕微鏡検査
眼球の表面や水晶体や硝子体を調べる検査です。状態によっては、より精密な検査、特別な専門医への紹介もあります。

近視・老視矯正・白内障手術のプロ

田川考作さん(小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山)

Share

関連するその他の記事

「マスク熱中症」の不安 暑い、息苦しい夏場のリスクや予防法は

気温が高い中、マスクを着用することで熱中症のリスクは高まるのでしょうか。新型コロナウイルスの感染と熱中症、両方の予防を行う方法とは。内科医の大西勝也さんに聞きました。

大西勝也

大西勝也さん

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

新型コロナウイルスの影響で、マスクを着用しての生活が余儀なくされていますが、マスクを着用することで、酸欠状態に陥り健康状態を害している可能性があるようです。この機会に、酸欠解消に呼吸法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

初診でも「オンライン診療」が可能に 遠隔診療は日本の医療が変わるきっかけになるのか

4月13日から特例として、感染流行期間に限り、初診時のオンライン診療を解禁しました。新型コロナウイルスをきっかけに、日本でもオンライン診療が広がるのでしょうか。遠隔医療システムなど、医療のICT環境に詳しい嗣江建栄(しえけんえい)さんに聞きました。

嗣江建栄

嗣江建栄さん

遠隔医療で世界を変えるICT企業代表

コロナウイルス対策に必要な衛生管理と自己鍛錬による免疫強化

猛威を振るっている新型コロナウイルス。体内へのウイルス侵入を最小限に抑えるための対策方法を紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す