マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 美容・健康
  4. 栄養ドリンク、表示規制緩和で選択基準が明確に?

栄養ドリンク、表示規制緩和で選択基準が明確に?

カテゴリ:
美容・健康

栄養ドリンクの表示規制緩和が検討される

「栄養ドリンクの表示規制緩和」消費者にとって何が変わる?

産経新聞の報道によれば、「滋養強壮」や「肉体疲労時の栄養補給」を謳う栄養ドリンクに含まれる成分の効果を消費者にわかりやすく伝えようと、政府が表示に関する規制緩和の検討を始めるとのことです。メーカーによる多様な商品開発を可能にすることで、消費者の健康管理に役立てる狙いがあります。

現在、医薬部外品に分類される栄養ドリンクは、厚生労働省が各都道府県に通知した「新指定医薬部外品の製造(輸入)承認基準」に示された成分で配合されていました。しかし、同基準において多種類の成分指定がある一方、効果の表示は「滋養強壮、肉体疲労の栄養補給」といった表現に限定されていました。そのため、各メーカーも商品を差別化できず、消費者も自分に適した商品がわかりづらいままでした。そこで検討されているのが、今回の表示規制緩和です。

バブル時代、ビジネスマン向けに普及した栄養ドリンク

バブルの時代には、栄養ドリンクは「24時間たたかう」ための飲み物としてイメージが定着し、ビタミンB、カフェインを含む商品に人気が集まりました。風邪でも仕事を休めないビジネスマン、徹夜仕事、そしてアフター5の友として出回ったのが、栄養ドリンク剤です。

カフェインには覚醒作用があり、一時的には体調が復活したような気分になれますが、本来の食事、睡眠時間といった健康の基本を無視した生活は体を痛めつけます。栄養ドリンクのみに依存したビジネスマンが、体を壊すことが多かったのもバブルの時代の逸話です。

カフェイン入りの栄養ドリンクの飲み過ぎは、頭痛、イライラ、頻尿、便秘、不眠になりやすいものです。風邪、インフルエンザの時は、ノンカフェインで免疫力アップの栄養ドリンクを服用し、早く寝るのが効果的です。

規制緩和を受けドリンク剤の服用目的、品質、価格の差が顕著に

今回の規制緩和を受け、今後の栄養ドリンクは「美肌、骨を丈夫にする、不眠対策、眼の疲れ」など、用途によって消費者が適した商品を選べるような表示に移行・多様化していくでしょう。また、ストレス対策の抗酸化や糖鎖のドリンクなども、主流になってくると考えられます。

栄養ドリンク剤の服用目的、品質、価格の差も顕著に表れ、メーカーも自社製品のアピールに今以上に力を入れてきます。また、今までは疲労回復の時に飲むドリンク剤が人気でしたが、これからの時代はアンチエイジングなど、体本来の機能を大切にする商品に注目が集まることが予想されます。

赤ちゃんが欲しい夫婦に妊娠の喜びを教える漢方薬剤師

小林潤子さん(星漢堂(せいかんどう)薬局)

Share

関連するその他の記事

「かゆみ」の原因と予防方法! アトピー性皮膚炎の「かゆみ」を薬や保湿剤以外で治す方法はあるのか?

「かゆみ」に悩まされている人は多いと思います。かゆみは、皮膚に異物が付いた際、 異物を取り除こうとする防衛反応の一つです。 皮膚に潤いがなくなるとかゆみが強くなるため、保湿剤やクリームを塗るとかゆみを 抑えられますが、皮膚が本来持つ抵抗力を低下させることがありますので、適度な使 用に留めることが必要です。本記事ではそんな「かゆみ」の原因と予防方法について 詳しくご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

ホットカーペットの上で寝ると体力が低下!!体を温めているつもりが実は冷えの原因?

体を温めようと思った行為が、逆に体を冷やす要因になっている事に 気付いていない人は少なくありません。 本記事では、そんな体温調節の方法について詳しくご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

寒くなるこれからの季節ヒートショックに注意!

これからの寒い季節、増えてくるのが「ヒートショック」です。近年、ヒートショックという言葉はかなり周知されてきましたが、改めてその原因・対策についてご紹介いたします。

比嘉計

比嘉計さん

故人の尊厳を大切にする特殊清掃・遺品整理のプロ

20~30歳代の膝痛は歩く時の習慣が原因?膝の痛みを治すには!?

変形性膝関節症は、高齢者に見られる症状です。中高年の方が急に運動すると、半月板や十字靭帯など明らかに関節を損傷して膝痛が発症します。関節に異常が見られるときは速やかに専門医(整形外科医)や柔道整復師の診療を受ける必要があります。一方、さしたる原因がないのに、膝に痛みを覚えている人も少なくありません。多くの場合は、上体の重さを左右の脚で均等に支えていないことが原因だと思われます。本記事では、そんな膝の痛みの解消法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す