マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 交通事故の罰則強化、新設の「発覚免脱罪」とは

交通事故の罰則強化、新設の「発覚免脱罪」とは

カテゴリ:
法律関連

飲酒等の発覚を免れる目的で逃走する「逃げ得」を無くす

交通事故の罰則強化、新設の「発覚免脱罪」とは

平成26年5月20日に「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(自動車運転死傷処罰法)が施行されました。 この法律は、自動車運転過失致死傷罪と危険運転致死傷罪の規定を抜き出し、内容に一定の変更を加えた上で、独立の法律として定めたものです。

この自動車運転死傷処罰法に加えられた新たな規定の中に、「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪」(発覚免脱罪)というものがあります。 発覚免脱罪とは、飲酒や薬物の影響で正常な運転ができないような状況で、自動車事故を起こして人を死傷させた場合、「飲酒等が発覚しないようにする目的で、その場から離れる」といったように飲酒等の発覚を免れる行為をしたケースを処罰するものです。

この法律ができるまでは、飲酒運転で人を死傷させる事故を起こした場合、その場にとどまって危険運転致死傷罪によって処罰されるよりも、ひき逃げの罪が加算されても飲酒が発覚せず自動車運転過失致死傷罪で処罰された方が罪が軽くなる可能性があったため、その場から逃げることによる「逃げ得」があったのではないかといわれていました。

今回、この法律によって発覚免脱罪が規定されたことで、飲酒等の発覚を逃れようとしたこと自体によって12年以下の懲役刑に処せられることになりました。これにより、自動車の過失運転致死傷罪やひき逃げの罪と合わせた場合、最高で18年の懲役に処せられる可能性があります。

このように、発覚免脱罪は、飲酒等の発覚を免れる目的で逃走することを防止して「逃げ得」となるような犯罪者が出てこないようにするとともに、発覚免脱行為自体が厳罰に処せられるようになったことで、飲酒運転自体を抑止する効果も期待されています。

発覚免脱罪は、その人が酔っているかどうかは関係ない

ところで、この発覚免脱罪の規定を読んだ人の中には「自分はお酒が強いから飲酒の影響なんてない」などと考えてしまう人もいるかもしれません。 しかし、この発覚免脱罪は、その人が酔っているかどうかに関係なく、いわゆる酒気帯び状態での運転であれば「正常な運転ができない」と見られてしまう可能性が高いと思われます。ですから、決して軽く考えないでください。

また、発覚を免れる方法としては、逃走してアルコール濃度を下げようとするだけでなく、さらに飲酒することなども含めて広く処罰の対象となる可能性があります。この点も甘く見てはいけません。

そもそも、自動車運転による交通事故は、重大な被害をもたらすため、運転する際には事故が起きないよう細心の注意を払うべきです。 厳罰に処せられるからという理由だけでなく、自動車の運転は日ごろから十分注意してください。飲酒運転など、もってのほかです。

川島英雄

交通事故・医療事故の被害者を守る法律のプロ

川島英雄さん(札幌おおぞら法律事務所)

Share

関連するその他の記事

「やまゆり園」事件、判決で「主文後回し」が意味することとは

入所者と職員ら45人を殺傷した「やまゆり園」事件の裁判。青沼潔裁判長は、結論である主文を後回しにして、判決理由を先に読み上げました「主文後回し」となるのは、どのようなケースなのでしょうか。また、意味することとは。弁護士の小野寺雅之さんに聞きました。

小野寺雅之さん

刑事事件の弁護と被害者救済のプロ

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

田沢剛

田沢剛さん

法的トラブル解決の専門家

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

中村有作

中村有作さん

損害賠償と労務関係のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す