マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 芸能人にも多いバセドウ病の症状と治療法

芸能人にも多いバセドウ病の症状と治療法

カテゴリ:
医療・病院

発症年齢は20代~30代が中心。比較的女性が多い

芸能人にも多いバセドウ病の症状と治療法

歌手の絢香さんなど、多くの芸能人やスポーツ選手が「バセドウ病」を克服して活躍していますが、そもそもどのような病気なのでしょうか?

バセドウ病とは、健常な人では見られない抗体(TSH受容体抗体)が体の中に産生され、それが甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫性疾患と考えられています。しかし、本当の原因はわかっていません。発病年齢は、20歳代と30歳代が全体の過半数を占め、女性に多いと言われています。

甲状腺の腫大、頻脈、眼球突出の3つが典型的な症状

腫大した甲状腺から過剰に分泌された甲状腺ホルモンによる症状と、バセドウ眼症などの甲状腺外の症状を特徴とします。甲状腺の腫大、頻脈、眼球突出の3つが典型的なバセドウ病の症状ですが、このすべてがそろうとは限りません。そのほか甲状腺機能亢進症の症状として、動悸や不整脈(心房細動)、息切れ、多汗、体重減少などがあります。この時期に運動をすると、苦しくなることがあります。

診断として、甲状腺ホルモン(freeT4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、TSH受容体抗体 (TRAb)の測定が重要です。バセドウ病では、freeT4が高い値に、TSHが測定できないくらい低い値になります。TRAb はバセドウ病でも10%くらいは陰性となります。甲状腺エコーも、ほかの疾患の鑑別のために施行します。

まずは甲状腺機能亢進症状を和らげる治療を

バセドウ病の治療は、まず甲状腺機能亢(こう)進症状を和らげることです。血液中に増えた甲状腺ホルモンを下げることにより、自然に甲状腺機能亢進症状も軽快します。甲状腺ホルモンの産生を抑える抗甲状腺剤を内服していれば、血液中の甲状腺ホルモン量も下がってきます。甲状腺機能亢進症状も2週間目くらいから少しずつ良くなりはじめ、1~2カ月でかなり改善するでしょう。

甲状腺ホルモンの量が正常まで下がって症状が落ち着けば甲状腺機能亢進症状も消失し、運動制限も特になく、健康なときと同じような生活が過ごせます。甲状腺機能が安定すれば薬の量も減りますが、抗甲状腺剤による治療は2年位かかります。

放射性ヨードを使ったアイソトープ療法や手術という選択肢も

ほかの治療法の一つに、放射性ヨードを使った「アイソトープ療法」という治療があります。この治療は、1回の放射性ヨードのカプセルの内服で終わり、効果も確実な治療です。放射性ヨードのカプセルを内服すると、放射性ヨードが甲状腺に集まり、甲状腺の組織を破壊。甲状腺も小さくなり、甲状腺ホルモンを産生させる力が弱まります。ただ、欠点は将来的に甲状腺機能低下症になる率が高いことです。不足した甲状腺ホルモンを「甲状腺ホルモン剤」で補わなければいけなくなるかもしれません。また、手術という選択もあります。短時間で治るという利点はありますが、こちらも将来的に甲状腺機能低下症になるリスクもあります。

バセドウ病は比較的予後の良い病気ですが、頻脈を放置すると心不全となることもありますので、気になったら早目に医療機関受診をしてください。

大西勝也

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

大西勝也さん(大西内科ハートクリニック)

Share

関連するその他の記事

朝ドラ「スカーレット」が最終回へ 武志の病名「慢性骨髄性白血病」とは

朝ドラ「スカーレット」第131話放送後ツイッターで病名がトレンドに入り、SNSにも悲しみのコメントがあふれるなど、衝撃を受けた視聴者が多かったようです。慢性骨髄性白血病とはどのような病気なのでしょうか。症状や現代の治療法とは。内科医の佐藤秀俊さんに聞きました。

佐藤秀俊

佐藤秀俊さん

地域に根差した内科のプロ

朝風呂や朝のシャワーは自律神経のバランスに影響?入浴で気を付けるべき習慣とは

毎日仕事が忙しく、夜ゆっくり入浴できないという人、毎晩お付き合いが多くお酒を飲むため、お風呂は朝入るという人は多くいます。 でも、この習慣が体力低下を招く恐れがあるのです。その理由について解説します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

咳が出たとき疑うべきは風邪? 咳が出る原因とその予防策

冬が訪れ、空気が乾燥しています。湿度が低く乾燥する季節は風邪が流行しやすく、12月から2月は特に注意が必要です。咳の原因と対策について説明します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

沢尻エリカに田代まさしも やめられない違法薬物、依存の恐ろしさとは

女優の沢尻エリカ容疑者や、タレントの田代まさし容疑者、元スノーボード日本代表選手の国母和宏容疑者など、違法薬物所持による有名人の逮捕が相次いでいます。違法薬物をやめられない理由はなんでしょう?薬物依存に詳しい精神科医の鹿島直之さんに聞きました。

鹿島直之

鹿島直之さん

患者さんの心に寄り添った治療を考える精神科医

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す