マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. FRBによる金融緩和縮小の言及が日本の金利に与える影響

FRBによる金融緩和縮小の言及が日本の金利に与える影響

カテゴリ:
ビジネス

FRBの金融緩和縮小への言及により、日本の株価は上昇傾向に

「株価は調整局面へ」。このことは誰しも同じ感覚を持っていることと思います。2012年末までの株価があまりにも低すぎたために、外国人投資家がこぞって株を購入し、株価が上昇。やっと、国内投資家の実需に移ってきた印象を受けました。しかし、そんな中、FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長が、年内の金融緩和縮小の可能性に言及したと報道されたことで、世界的に株価は下降。よって、再び投資先を求める海外の投資家が日本株に目を向けはじめるため、日本の株価は緩やかな上昇傾向に向かうと考えられます。

今後、金利も緩やかに上昇傾向へ

では、金利はどのように動くのでしょうか?2008年9月15日に突然訪れた「リーマンショック」。それまで好調だった不動産投資物件の登記案件が、突如としてストップしたことを今でも鮮明に覚えています。当時のローン金利を確認してみると、変動金利で1.5%前後。固定金利で2.5%前後でした。比較して現在は、変動金利で0.85%前後。中には0.75%台のものもあります。また、固定金利では1.5%前後の商品が主流です。つまり、現在は半年前と比べて「金利が上昇した」と騒がれていますが、未だにリーマンショック前と比較しても、かなりの低金利状態であるがわかります。

ただ、長年続いた低金利が、さらに下がる要素が見つからないとなると、金利も緩やかに上昇傾向に向かうのではないかと考えます。実際、不動産会社も、余剰資金のある場合には「変動金利ローン」を、返済期間が長期におよびケースでは、リスクヘッジのために「固定金利のローン」を勧めています。

山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美さん(司法書士法人コスモ)

Share

関連するその他の記事

イトーヨーカドー、パルコなど元日の計画休業を発表。働き方改革による業績への影響は?

働き方改革の一環で、年々元日の計画休業を実施する企業が増えています。イトーヨーカドーやパルコなども2020年より実施を発表しています。年始商戦による業績への影響はないのでしょうか?

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す