まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

大切なことは絵本から学んだ<138>彼は、かんじのいい、ちいさな男の子でした 「小さな死神君」

“死神くんは、かんじのいい ちいさな 男の子ですが、だれも そのことを しりません”



“死神くんは そっと やってきて やさしく ドアを たたき、 死にゆくひとに えんりょがちに ちかづきます / そして うでを 取ってつれていきます けっして だれも 死神くんとは 口をききません ”

誰でも会いたくないのが死神くん。会ったが最後、あっちの世界に連れていかれてしまうのですからね。死に行く人は みんな泣いて寒がりますが、死神くんは死んだ人を実はとても大切に、大事に扱ってくれるらしいですよ。

それでもやはり会いたくない嫌われ者の死神くん。そんな彼がちいさな女の子エルスウィーズの元へ迎えに入った時、彼女はにっこり笑って こう言ったのです。

“とうとう きてくれたのね”

実は彼女は今まで病気で、身体がいたくて仕方がなかったのですが、死神君にあってからはちっとも痛くなく具合がいいのです。エルスウィーズの笑顔は本当に素的な笑顔だったといいます。一緒に遊んで仲良くなったエルスウィーズと死神くん。しかしその二人にもまた別れの時が来ました。

え!?死神君と会った後、またどこかへ行くことができるの?エルスウィーズはどこへ行ったのでしょうか?
実はしばらくするとエルスウィーズは天使になって再び死神くんの前に姿を表してくれたのです。そしてその後二人は死神くんが迎えに行くときに一緒に出掛けることになったそうです。そしてその死に行く人は天使の姿を優しい笑顔を見ると、死ぬことが怖くなくなるのだそうです。

「安楽死」につながるような文化的な背景を感じさせてくれる外国の絵本です。日本的な感覚とは少し違うかもしれませんが、それでも「死」と言うことは決して怖いものでも、すべての終わりでも無いのだ、ということを考えさせられる絵本でした。
それにしても、ただ役目を果たしているだけの死神くんがみんなの嫌われものなってしまうのは、ちょっとかわいそうかもしれませんね。

◇◆◇ こんな絵本も読んでみたい  ◇◆◇
切なことは絵本から学んだ<112> ペンギン、空を飛ぶ。「空の飛びかた」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54412/
大切なことは絵本から学んだ<111> 「ちいさな きのねがい」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54209/
大切なことは絵本から学んだ<110> 自閉症の子どもの世界「ぼくは ここにいる」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54141/
大切なことは絵本から学んだ<108> はじめてのテツガク絵本 「うそ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53751/
大切なことは絵本から学んだ <53> 「わたしは ひろがる」http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51048/
大切なことは絵本から学んだ <45> ぼくはぼく、わたしはわたしよ、「ぼく・わたし」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49797/
大切なことは絵本から学んだ ⑲ わたしはできる!!「わたしは とべる」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/45832/
大切なことは絵本から学んだ<94> 「ガンジーさん」のことは誰にも内緒です、わかった?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51902/
大切なことは絵本から学んだ <42> 「きゅうり」じゃないぞ、おれは「へちまのへーたろー」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49361/
大切なことは絵本から学んだ 26  ドンマイ、ドンマイ!! 「おひさま あはは」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/47001/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ