まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

コミュニケーションを高めるゲーム ③ 「連続連想ゲーム」

さて、コミュニケーション力をつけるためのゲームをいくつか紹介していますが、こんなのもあります。
名付けて「連続連想ゲーム」
「連想ゲーム」というのがありますね。
例えば「赤」と言えばそこから連想して「リンゴ」
「リンゴ」から連想すると、例えば「みかん」
「みかん」とくれば「こたつ」
「こたつ」とくれば「ネコ」
「ネコ」とくれば「犬」・・・・という風にどんどん自由連想を続けていくゲームですが、
それをちょっと会話風にやります。

例えば、
「犬と言えば、私は昔ポチと言う名前の犬を飼っていました」
と単語だけでなく、何か一言展開させて文章にしてい居ます。
すると次の人はその文章の中の何かの単語を使って
「飼っていたといえば私は昔、家の中でリスを買っていました、可愛かったなぁ」と
そのあとを引き継ぎます。そしてさらに次の人は
「家の中で飼うといえば、私の知り合いの家では家の中でウサギを買っていましたね」と続けます。
さらに次の人は
「ウサギと言えば、ピーターラビットが好きでしたね」・・・・
とどんどん会話を展開させていきます。

時々質問を入れたりしながら、必ず話題を転換させていく努力を忘れずに、
話を続けていきます。
やってみると、なかなかむずかしいですよ。
おしゃべり
しかし時には、どうしても会話が思いつかない時があります。
そういう時は
「ところで、話は変わるけど、昨日家の晩御飯はカレーライスを食べました」と一方的に
話題を転換してもOK!
その時は必ず「ところで話は変わるけど・・・・」というフレーズをつけるのがルール。

こういうやり取りを多少強引にでも続けていくと、それだけで立派な雑談の練習になります。
結局、雑談力と言うのは多少強引にでも話を続けていくこと力のことかもしれません。

コミュニケーションが苦手なあなたにこういうコラムもどうぞ!
「もしも~~だったら」ゲーム
「質問ゲーム」

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ