まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

空中からの電力供給「空中電力(無線電力)」は実現可能か?

漠然と考えてるんですが
空気中にというか何と言いますか
電波のように空中から電気を供給できないものでしょうか?

無線のように電気を空気中から供給するようなシステム。

現在は発電所からの有線による電力供給が行われてますが
このシステムだと断線によって電力供給がストップしてしまいますし
停電被害も大規模なものになってしまいます。

ところが空中から電力を供給できると
基本的に停電の心配もありませんし
いつでもどこでも電気を確保できるようになります。

このシステムを「無線電力」、もしくは「空中電力」とでも名付けましょうか。

雷の発生メカニズムを応用すれば
決して不可能なことではないような気もしますが
空気中(大気中)にはわずかながらでも帯電する電力があるはずです。

雷はもちろん、電波や無線だって存在するのですから。

しかし雷ほどの電力となると
とても動力源としては使い物になりませんし
何しろ発生時にものすごいエネルギーと大音量が発生してしまい、様々な面で危険です。

ですからもう少し電力を抑えて
現在私たちが使用しているような消費電力で空中に電気を発生できれば
次世代エネルギーとしての電力革命を起こせるはずです。

もしこのシステムを開発できれば
火力発電や原発による事故の心配もなくなりますし
環境面にも配慮した非常に優れたエコエネルギーになるでしょう。

ただ空気中に電気を発生できたとしても
発生させた電気をいかにして帯電させておくか。
蓄電技術の開発も同時に行わなければなりません。

実現させるためには並大抵の努力では叶いませんが
もしこのシステムを実現できればノーベル賞の受賞は間違いないでしょうし
これまで夢の技術を可能にしてきた私たち人類ですから
血の滲むような努力をすればやって不可能なことはないはずです。

他にも人の体自体も静電気を蓄えている(電気を帯びている)わけですから
空中電力システムと併用するなどして
何とか電力エネルギーに変換して使用したいところです。
(空中電力と連動させれば自分の体をエネルギー媒体として使用できるかもしれません)

今は漠然と構想を考えているだけなので
何をどのように実現させていけば良いのかはわかりませんが
科学者や有志の皆様、ぜひこの夢の技術を実現させていきましょう。

私たち世代で実現できなくても、後世にわたって開発していけば
きっと実現できる可能性のある素晴らしい技術だと思います。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-15
rss
ブログ
2018-10-15
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook