マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

資格を取得しただけでメシは食えない

2019年7月17日 公開 / 2019年8月17日更新

テーマ:人生の軌跡と羅針盤

恥ずかしい動画


1年以上前に、アンガーマネジメント協会のファシリテーターをやっていた頃の動画をアップしてみました。今、観ると何と解りにくい説明なんだろうと恥ずかしくなります(笑) 

今年の3月末で協会を退会し、アンガーマネジメントの内容については、今後の講座で話すことはありません。ただ「怒り」という感情については、より解りやすく深く掘り下げてお伝えしようと考えています。

退会して数ヶ月経って感じたことは、つくづく私は組織に合わない人間だと再認識しました。協会員でいる限り、話せないことが多くあって窮屈でした。

退会後、少し考え方を軌道修正したのは、一般社団法人としての認定資格のあり方です。国家資格なら取得しないと仕事ができませんが、協会独自の資格はどうでしょう。協会を退会すると取得した資格は使い物になりません。ただスキルは残りますけどね(^o^)

協会内にいるとモヤモヤした部分が観えない上に、どこか守りに入ってしまいます。もちろん、理論やテクニックの統一性には資格制度は必要でしょうけどね。

今回の退会をきっかけに、資格認定の一般社団法人を立ち上げようと思っていましたが、認定資格にこだわる必要があるのかどうか、また、これまでの資格制度のあり方と有効性はどうか、そのあたりを模索しているところです。



この動画で「アンガーマネジメント協会ファシリテーター」と言っていますが、今は協会員ではありませんのであしからず。

これからYouTubemの動画も作ろうと思っています。これより少しマシな動画にしますのでよろしくお願いします。



下記に参考になる記事のリンクを貼っておきます。

「眠ってる資格や認定証はゴミと同じ」
オンリーワンに資格はいらない

「集客や就職に資格は本当に必要か」
資格ブームはいつまで続く



【小さな実践】
現在取得している資格を紙くずにしないため、どのように有効活用するかを書き出してみる


 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(OFFICE SAELA)

Share
関連するコラム