まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

3つの分かれ道

人生の軌跡と羅針盤

2018年1月10日 / 2018年10月15日更新

この頃は報道しなくなりましたが、
ある時期、脱法ハーブなどの問題が
大きく取り上げられていました。

実は私たちの身近にも
脳に快楽を感じさせるモノが
合法的に販売されています。


グラデーション


ネットにこんな記事が掲載されてました。

「優秀な研究者を抱えている
食品メーカーは、甘すぎず、塩辛すぎず、
我々が「ワオ」と感嘆の声を上げて、
さらに欲しがる完璧な配合を見つけています。
塩、砂糖、脂肪の絶妙な配合は、
人々の脳に作用し、快楽を感じさせ、
もっと食べようと思わせるのです。
多くの人は圧倒されるのです」
(一部抜粋)


子供たちはもちろん、
大人もこれにハマっています。

最近のスナック菓子は
いくらでも食べれるし
一度食べ始めるとやめれません。

スナック菓子を食事代わりにしてると、
若い時はでなくても30代後半になると
どす黒い生活習慣病が顔を覗け始めます。

最近では健康番組も多いし、
ネットにも掲載されているので
この程度のことは、皆んな知ってて
常識の範囲だと思います。

しかし、
わかっちゃいるけどやめられない!

病気になって入院し、
初めて自分の愚かさに気づき、
退院したらキッパリやめて生まれ変わろう!
と並々ならぬ決心します。

これがね。 
喉元過ぎれば熱さを忘れるんです。
気が付いたら同じことの繰り返し。
私が代表的な悪い例です。


私のように、
人生の転機がはっきり分かると
ある意味ラッキーだと思います。

ほとんどの人が
いつが転機だったのか分からないまま
あぁ~あの時が転機だったんだと
後で気付きます。

人生の大きな転機は
この3つだと言われてます。

・大切な人との死別
・職を失う
・大病を患う

人生最大の危機に陥った時、
自暴自棄になるか、転機と考えるかで、
あなたの未来絵図は、Y字路交差点を
進むかのようにゴールで大きく変わりますからね。



【小さな実践】
あなたは、半分のコップの水を
「もうこれだけしかない」と思うのか
「まだこれだけある」と思うのか



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

小橋広市(こばしひろ)

小橋広市プロのその他のコンテンツ

Share