まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

六次の隔たり

リスト・人脈づくり

2017年11月12日 / 2018年9月24日更新

六次の隔たり(ろくじのへだたり)
という言葉を聞いたことがありますか?

つまり、知人の人間関係を芋づる式に
たどっていけば目的の人にたどり着くという話。

こんな例もどうかと思いますが、
何か大切な目的があって、
総理大臣に会いたいとします。

自分の友だちのAさんに
政治関係のBさんを紹介してもらう。
BさんからÇさんをというように
数人を介せば、総理に近い政治家に行きつき、
その政治家に総理を紹介してもらう。

このようなことが六次の隔たり。
SNSなどの仕組みも
この仮説が根っこにあるようです。



コミュニティモデル



人との繋がりは、
ビジネスで六次の隔たりを
使うことがあっても
プライベートでは心から繋がって
いたいものです。

私の周りにも
大切な友人や仲間や知人がいて
何十年振りかに会って、
互いが見る影がなくなってたとしても
すぐに昔のように話に花が咲いたり、

遠くにいても、何かあった時には
すぐに駆けつけてくれたり、

そんな繋がりがいい

こんなことを書いていると、
クモの糸のように細いかもしれないけど
世界中の人と繋がっているような気がします。

戦争やテロなんかで、
せっかく繋がっているクモの糸を
切らないでほしいと願うばかりです。



【小さな実践】
話したいと思った人とは
すぐに連絡をとってみる
そんな繰り返しが細い糸を強くする


 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

小橋広市(こばしひろ)

小橋広市プロのその他のコンテンツ

Share