まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

相手に見られてる顔は自分では見えない

関係性コンディショニング

2016年11月3日 / 2018年9月25日更新

日曜の夕方になると
こんな気持ちになったことありませんか?

明日、会社に行きたくないなぁ・・・

ブルーマンデー
昔こんな言葉が流行りました。


会社に行きたくない理由で多いのが、

人間関係

上司と反りが合わない
先輩に仕事を教えてもらえない
同僚や後輩に誘ってもらえない
パワハラ、セクハラなどなど

悩みのほとんどが人間関係。

話したくないのにどうしても
話さなければならない相手だったら
そばにいくだけでストレスが溜まりまくり。


30~50代の500人のビジネスパーソンに、
「日曜の夜や月曜の朝は憂鬱になりますか?」
と聞くと約40%が憂鬱と答えるそうです。

では、会社を辞めて独立したら
人間関係の悩みから開放されるか、
いやいや、生きている限り、
人間関係はついてまわります。


原因は色々あるものの、
人間関係の問題を抱えている人は
非常に多い。

人間関係の問題は、年齢や生い立ちの違い、
価値観、位置関係、世界観の違い、
若しくは生理的に合わない。


実は、これらの根っこはこれ

双方の期待値のずれ

双方が期待値を全て満たしていたら
不満を感じることはありません。



人間関係の改善



人間関係の悩みは、
セミナーや自己啓発の本などでは
解決までには至りません。

逃げても逃げても追っかけてきます。

関係性を修復しても
絶えず整え続けなければ、
些細なほころびから傷口が広がります。

こんな状態に陥る要因は、

「相手が見ているあなたを、
あなた自身が見ることができない」

というところにあり、
通常のコミュニケーションスキルでは
問題解決に至らないばかりか、状況が
悪化する場合があります。

自分の行動は自分には見えないことを
理解すると驚くほどミスコミュニケーションが
なくなります。

起業家を目指すなら
関係性コンディショニング
是非、身に付けておいて下さいね。



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

小橋広市(こばしひろ)

小橋広市プロのその他のコンテンツ

Share