まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
谷澤優花

人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

谷澤優花プロのコラム一覧

 平成最後の年末、挨拶回りのノベルティもこだわって ビジネスの上で、年末の挨拶はかかせないものとなりました。そして今年は、平成最後の年。来年度から、年号が変わることが予め分かっている年でもあります。そんな「平成最後の年の瀬」のビジネスでの挨拶回りともなると、経営者や営業マ...

 医療現場がIT化しても、失ってはならないこと 入院すると、看護師の方が各ベッドを巡回し、ベッドサイドでパソコンを開き、カルテの内容を確認しながら、患者さんの容態やバイタルチェックなどの情報をカタカタ入力していく姿も、今や当たり前の時代となりました。電子カルテといった医療現場で...

 猛暑の中の就職活動 リクルートスーツの着用は? 毎日毎日、命にかかわるような暑さが続き、気象庁も「この暑さは、災害レベル」と報じています。就職活動の皆さんにとって、着慣れないスーツに革靴・女性はヒールを着用し面接会場に移動するだけでも大変な上に、この猛暑。そのご苦労は、計り...

この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開催された文部科学大学改革推進事業採択の課題解決型高度医療人材養成プログラム『実践能力強化型チーム医療加速プログラム』第6回・第7回 臨地実習指導者講習会に引き続き第9回 臨地実習指導者講習会でも講演の機会を...

 「分かりましたか?」は、上から目線で相手に失礼な言葉 4年前。携帯電話の調子が悪く、携帯電話会社のショップ窓口で新しい商品に買い換えようと訪れた時の話です。普段、当たり前のように使っている身近なツールが使えなくなると、大変困ってしまいますね。そして、その有難さと、使い勝...

 『第7回 臨地実習指導者講習会のご案内』 この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開催された文部科学大学改革推進事業採択の課題解決型高度医療人材養成プログラム『実践能力強化型チーム医療加速プログラム』第6回 臨地実習指導者講習会に引き続き第7回...

 臨床 老年看護3・4月号に掲載されました この度、日総研出版より 会員制 隔月月刊誌『臨床 老年看護 3・4月号』の特集記事として『親しみやすさとなれなれしさの違いを理解した高齢患者・利用者への接し方』というタイトルで執筆した内容が、7ページ掲載されました。会...

 最近の管理職の悩みに沿った、新人教育とは 企業研修の為に打ち合わせすると、管理職の方々から新人教育や若手の指導の際の悩みを伺うことがあります。職種・業種は違っても、どちらの管理職の方々も新人・若手の指導方法にご苦労されているようです。どのような悩みかというと…、「若手...

医療講演・研修を実施し、最後にご質問をうかがうと、必ず出でくる質問内容があります。それが、「医療接遇の大切さを今日学びまししたが、どうしてもその日の込み具合や忙しさで、患者の方々に丁寧な応対ができる状況でない場合、気持ちに余裕がない場合の対処方法について、教えてください。」...

 第6回 臨地実習指導者講習会での講演を終えて 診療放射線技師・臨床検査技師の業務範囲が拡大する中、高度化する医療技術の習得とそれらを医療現場で活かすことが求められる昨今。九州大学医学部保健学科では、文部科学省「課題解決型高度医療人人材育成プログラム」の事業に採択され、『...

 『実践能力強化型チーム医療加速ブログラム』 このたび、九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて文部科学省大学改革推進事業採択の課題解決型高度医療人材養成プログラム『実践能力強化型チーム医療加速ブログラム』第6回 臨地実習指導者講習会でのご講演の機会をいただきました...

 建設現場に出入りする業者の方々への、近隣住民の眼差しとは 現場マナー研修に伺い、グループミーティングをされている班を回っていると、このような話を伺うことがありました。「僕たちは、悪くないんだけど…。つい最近この現場に出入りする人のマナーが悪かった!と、近隣住民の方から叱ら...

 理容師・美容師に「常に観られている」という意識を持たせる ショーウインドーは、商品を美しくみせ、その年の流行が一目で分かるようにディスプレイされています。ショーウインドーの前を行きかう人は、何気なく目に入るその色合い、コーディネートの仕方、デザインから、自分の好みや憧れそ...

 体育会系・部活動所属女子生徒に対する、女子力アップマナー講座 運動部に所属する女子生徒の態度、日ごろの行いに頭を悩める指導者の方も多くいらっしゃいます。体育会系女子にとって、「マナーや女子力は、私たちにとって無縁」と、考えているようです。しかし、私が毎年伺う新入社員...

 医療・介護の現場で一番多い、クレームとは・・・ 医療接遇研修・介護職員研修のご依頼で訪問し、その院内や施設内に発足した接遇向上委員会のご担当者の方からお話を伺うと、ある共通点が浮かび上がります。それは、医療従事者や介護士の方々のお声かけや会話が一方的であるという点です。そ...

谷澤優花プロのその他のコンテンツ

Share