マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. クールビズ、2014年のトレンド

クールビズ、2014年のトレンド

カテゴリ:
くらし

機能素材のアイテムを活用し、快適なビジネススタイルを

クールビズ、2014年のトレンド

今年で10年目になるクールビズ。当初は6月1日~だったものが、東日本大震災以降、節電を意識して5月1日~になっています。開始当初は、突然ノーネクタイと言われて戸惑う人も多く、「ネクタイを外すだけ」というスタイルで、だらしなく見えがちな人も見かけました。しかし、最近では認知度も昨年度で94.9%に上がり、「ファッション」と「エコ」の両面のビジネススタイルとして定着しています。

ノージャケットの際の必需品ともいえるのが、衿付きのシャツやポロシャツ。最近では機能素材が充実し、高通気性や吸汗・速乾性、遮熱性、UVカットに始まり、洗濯後の乾燥性など日常の利便性にも配慮したものも出ています。さらに、ドライな肌触り、着用感や色や表面加工にも考慮した、ファッション性を兼ね備えるアイテムも。

シャツは、汗やシワによって時間が経つほど、ヨレてだらしなく見えていきます。こういった機能素材でシワのよりにくいもの、速乾性の高いものなどを活用して、すっきりした装いで気持ちよく仕事をしましょう。

今年はジャストサイズの白パンツでアップグレード

そこで、今年のクールビズファッションとして、活用してほしいアイテムが「白パンツ」。さわやかにコーディネートの幅を広げてくれるため、オススメです。「白パンツは仕事柄難しい」と気になる場合は、明るめのベージュやグレー系のパンツを取り入れてみてください。

その際の注意点が「サイズ感」。明るめの色のパンツを履いて、余計なシワがよっていたり、オーバーサイズであったりすると、それだけでだらしなく見えてしまい、かえって印象は逆効果です。特に男性は、女性のファッションと比べて洋服のシルエットはシンプルです。サイズ感がちょっと違うだけでも印象に大きく差が出ます。ジャストサイズで、スッキリと着こなしましょう。また、シャツスタイルをカッコ良く決めてくれるアイテムとして胸元にポケットチーフを入れるだけでもぐっとスタイリング度があがります。

そして昨年から見られるようになってきたのが、男性用の日傘。黒い色が多いですが、グレーや柄物なども上手に取り入れて、傘も含めた全身のコーディネートバランスを取ると、さらにステキに見えます。

魅力の総合演出家ビジュアルブランディングプロデューサー

斉藤典子さん(Atelier Lumiere)

Share

関連するその他の記事

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す