マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 若い世代に広がるデートDV対策

若い世代に広がるデートDV対策

カテゴリ:
法律関連

DVは、配偶者間だけではなく、交際中の男女間でも起こる

若い世代に広がるデートDV対策

DV(ドメスティックバイオレンス)という言葉は、社会にかなり浸透してきています。では、デートDVという言葉を知っていますか?2001年に制定されたDV防止法(配偶者からの暴力防止及び配偶者の保護に関する法律)では、「『配偶者からの暴力』とは、配偶者からの身体に対する暴力又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動」と定義されています。デートDVは、配偶者間ではなく、交際中の男女間で起こるDVをいいます。

DVは、親密な関係の中で起こるパワーとコントロールによる暴力ですから、配偶者間だけではなく、交際中の男女間でも起こりえます。そして、親密で閉ざされた関係の中では、暴力があっても「愛情」の衣をかぶっているために、被害認識が持ちにくかったり、周囲も気づかなかったりします。さらに、インターネットや携帯電話などの普及が進み、交際相手の一挙一動を常に把握することができるようになったことも、若い世代にデートDVが広がる原因の一つとみられています。

内閣府男女共同参画局調査(23年度)では、10代、20代で交際相手がいた人のうち、交際相手から身体的暴行、心理的攻撃、性的強要のいずれかを受けたのは1割。女性は7人に1人、男性は17人に1人でした。

若い世代の多くがデートDVの正しい知識を持つことが重要

デートDVの被害者は、加害者からの支配と暴力で落ち着いた生活ができず、自尊感情が低下し、思春期の多感な時期に生涯にわたって自身の生き方を左右するような大きな傷を負うことになるかもしれません。若い世代のデートDVの被害者が最初に相談する相手は友人であることが多いことから、その世代の多くがデートDVの正しい知識を持つことが重要になってきます。

このようなことから、自治体や人権擁護委員会では、若い世代にも理解しやすい形式(イラストを使用したり、デートDVを受けているかどうかを確認するチェックリストをつけたり)のパンフレットをコンビニや学校などに配布して啓発活動を行い、相談窓口を設けるなどして、デートDVの防止対策を行うところが増えています。また、中学校・高校・専門学校や大学などで、デートDVの講演やワークショップなども行われています。

中村伸子

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

弁護士

中村伸子さん(あおぞら法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す