マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 夏目前。今からでも間に合う二の腕の引き締め方

夏目前。今からでも間に合う二の腕の引き締め方

カテゴリ:
美容・健康

二の腕を引き締めるには、肩甲骨の動きがポイント

ノースリーブをスッキリと着こなすことは、年齢を重ねるにつれて強くなる「女性の憧れ」です。太くたるんでいる二の腕を他人に見られることに、女性は強い抵抗を感じます。そして、二の腕が太いと、実際の体重よりも太って見られてしまうのも事実です。

「二の腕」の語源は、上腕二頭筋にあるようですが、裏側の上腕三頭筋も含めて「二の腕」と表記することが多いです。この二つの筋肉は、ペアで動いているイメージを持ってください。そして、どちらの筋肉も肘と肩甲骨が動くことによって、伸びたり縮んだりしながら動きます。よって、二の腕を引き締めるには、肩甲骨の動きがポイントです。腕立て伏せや、ダンベルやマシーンを使ってのトレーニングは力が入り過ぎてしまい、余計なところに筋肉をつけたり、筋肉を太くしてしまう可能性もあります。女性が求める「しなやかに引き締った、ほっそりとした二の腕」を手に入れるためには、次のことを行ってみてください。

「腕回し」と「肩解し」で、二の腕をスッキリと引き締める

肩甲骨まわりに贅肉があるのであれば 肩関節が正しく動かせていない証拠です。まずは、肩甲骨が動くことを意識しながら、腕の付根から回してみましょう。

【腕回し】肩甲骨の動きを感じながら、腕を正しく回す。
1、右の体側を下に、横向きなり お腹を意識して、体がぐらぐらしないようにする。このとき、右腕は頭の下に伸ばし腕枕をしているような状態です。
2、脚は、膝をまげて 体を安定させる。
3、左腕を、前から耳の横にあげ 体は動かさないようにして後ろに回す。体が安定していると、肩甲骨が動くのが感じられます。
4、ゆっくりと5回ほど回して、反対回しも行う。
5、向きを変えて、反対側(右腕)も行う。

朝、起きたときや寝る前にベットの上で行うのも良いと思います。また、立ったまま行うときは、体が捻られてしまわないように気をつけてください。

肩甲骨の動きを、感じられたら次は「肩解し」です。
【肩解し】手首、肘を緩め、腕の付根から動かす。
1、四つん這いになり、腕と太腿の間に長方形をつくる。
2、骨盤を少し後ろに引き 肘を外側に軽く曲げ、手首の力も抜く。
3、肘を曲げ伸ばししながら、いろんな方向に動かすことで、腕の付根も動かす。腕の付根が動くことで、肩甲骨も動きます。

お腹で体を支えながら、リラックスして動くことがポイントです。肘と肩甲骨をリラックスしながら動かすことで筋肉が引き締ります。また、二の腕だけでなく腕の付根(ノースリーブから見える部分)や肩甲骨まわりも引き締ります。

二の腕がスッキリするだけでなく、首凝り・肩凝りも改善されるので、毎日の習慣になるはずです。「二の腕は、歳を重ねるとたるんでくるもの」と諦めず、今年こそ二の腕を引締めて堂々とノースリーブを着てみましょう。

「品格ボディ」エクササイズのプロ

YUKARIさん(品格ボディHBMサポート)

Share

関連するその他の記事

ローズオイルとローズウォーターの殺菌抗菌効果で手肌を清潔に

新型コロナウイルスの対策として、消毒用エタノールでなくても、殺菌抗菌の効果を期待できるローズオイルについて紹介します。

渡辺幸子

渡辺幸子さん

あなたの好きを幸せに変えるネイルと香りのスペシャリスト

免疫力アップに必要な体温維持。ウィルス対策に最適な室温維持と暖房機器の使い方、運動など

ウィルス感染を防ぐには免疫力アップが重要になってきます。体温を維持するためにはどのようなことに気を付ければよいかについて解説します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選

新型コロナウイルスの影響で外出機会が減っているシニア世代におすすめの自宅で手軽に楽しくできて脳や体にもよい習慣を3つ紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?

寒い時期は、インフルエンザが流行します。この時期に、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや頭痛に悩まされる人は少なくないでしょう。免疫力を上げて病気に備えるコツを紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す