マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. がん患者が必要とする心のケア

がん患者が必要とする心のケア

カテゴリ:
くらし

がんの宣告時から、気持ちは激しく揺れ動き続ける

がん患者が必要とする心のケア

ある日、突然、がんと宣告されたら、あなたはその病気と向き合うことができるでしょうか?日本では、男性の2人に1人、女性の3人に1人が生涯のうちにがんになる可能性があり、今やがんはいつ侵されてもおかしくない病気です。

がんという言葉が即座に「死」というものを連想させてしまうので、宣告時には誰しも大きな衝撃を受け、頭が真っ白になり、その現実を冷静に受け止めるのは困難なことでしょう。強いストレスから家事や仕事が手につかないほど落ち込み、食欲がなく眠れない日々が続き、「そんなことはない。何かの間違いだ」「自分がなるはずがない」と、がんである現実を否認する反応、「なぜ、こんな目に遭わなければならないのか」「何も悪いことをしてこなかったのに、なぜ私が…」といった健康な人々ヘの羨望、家族や友人、医療関係者への攻撃的な気持ちが生じるかもしれません。

また、手術し退院したとしても「これから先、死への恐怖を抱えながら生きなければならないのか」と再発の不安に苛まれ、仕事に復帰しても孤独感や疎外感を覚えて「今後、家族や仕事はどうすればいいのか」と自分の運命に失望を感じるかもしれません。

がんと宣告された後は、人それぞれ治療段階においてさまざまな葛藤を抱え、気持ちは激しく揺れ動き続け、病気を受容するまでに多くの時間を要します。その間、ずっと心理不安、情緒不安が続き、強いストレスにさらされ続けることになるわけです。

がんを受け入れていく過程は大変に心細く不安なこと

がん患者が診断後、1年以内に自殺する危険性は、がん患者以外の約20倍に上るという国立がん研究センターによる研究結果があります。このことは、がんという病気を受け入れていく過程、すなわち、がん患者として生きていくことを自分自身で引き受ける作業が困難なことを示しています。がんと向き合って生きるのは心細く不安なことで、治療と同時に誰かが心理面で支えていかなければ崩れ落ちてしまいます。

がんの宣告を受けると、ショックを受けている自分を見せたくない、親しい人に心配を掛けさせてはいけないとの思いから、一人で抱え込む人もいます。しかし、「がんになって悔しい、つらい」「これから先が不安」「落ち込んでどうしようもない」などの気持ちは、ためらわずに吐き出してもいいのです。

がんという病気と向き合うということは、一人では抱えきれないほどの問題と対峙することです。信頼できる家族や友人、または患者同士のコミュニケーションの場、あるいは医療関係者やカウンセラーなどの専門家に、自分の今の気持ちを伝えてみましょう。

一緒に考えてもらっている、支えてもらっている、理解してもらえたと感じるだけで落ち込んでいる気持ちが少し軽くなり、癒やされたりする場合があります。そして、そのような対人関係によるコミュニケーションの中に、希望を見出すこともできるのです。

杉山裕子

看護師経験を生かす心理カウンセラー

心理カウンセラー

杉山裕子さん(クラージュこころカウンセリングルーム)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す