マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 「伊達マスク」に隠された若者のサイン

「伊達マスク」に隠された若者のサイン

カテゴリ:
くらし

20代以下の女性の約4割が伊達マスクを経験

「伊達マスク」に隠された若者のサイン

本来の衛生上や仕事上の理由とは異なる目的でマスクを着用することを、「伊達マスク」と呼びます。そして、当初は「伊達マスク」だったものの、次第に心理的にも物理的にも手放せない状態となる「マスク依存症」が増加しています。

インターワイヤード社のDIMSDRIVE事務局の2014年3月のアンケート調査によると、伊達マスクやマスク依存症という言葉を「聞いたことがない」と回答した人は全体の6割~7割を占めました。一方で、伊達マスクの経験について、10代~70代男女の全体が14.8%であるのに対し、20代以下の女性は41.2%と特出して高い結果が出ました。背景として、アイメークを強調するため、また、化粧をしていないからという理由で伊達マスクをすることがあるようです。

今回はその中でも、「自分自身がマスク依存症だと認知している」という20代以下の男女が他の年代に比べて多いことに注目してみます。これは、意識的にも無意識的にも、コンプレックスを感じている若者が増えてきていることの結果かもしれません。マスクを付ける心理的背景には、人の視線を避けたい、自信がない、他の人とうまく話せない、マスクがあると安心する、接触されにくい、視線が気になる、などが隠されています。

適切なサポートがあれば、マスク依存の克服も可能

現在、感染防止や予防のために小中学校では積極的にマスクを配ったり、大気汚染予防のためにも使用したりと、着用のハードルが下がったこともマスクに頼る人の増加に影響しているようです。しかし、ふとしたきっかけからマスク依存症の状態になり、不登校、引きこもり、ニートという状況になることも予想されます。

さらには、人前で極度に緊張する、他人の反応に敏感になる、自分の視線が相手に不快感を与えるという恐怖を抱く、他人の視線が怖くなる、といった他者との関係における心理的状態から、身体的症状として発汗、震え、筋肉のこわばり、動悸が表れてくることもあります。これらは「社会不安障害」の症状である可能性も考えられます。

「マスク依存」は、年齢の高い人と比べて単純に生きている時間と経験が少ない若者にとって、支援を求めているサインかもしれません。マスクに頼りたくなる心の作用を理解し、認知行動療法をはじめとする治療、専門的見地のもとでの適切な周囲のサポートがあれば、克服していくことは可能です。

うつ病から企業を守るメンタルヘルスカウンセラー

毛受誉子さん(株式会社愛知心理教育ラボ)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す