マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 老後資金、いくら貯金すれば安心か?

老後資金、いくら貯金すれば安心か?

カテゴリ:
お金・保険

必要な老後の生活資金額の計算方法

老後資金、いくら貯金すれば安心か?

一説には1億円とも言われている老後資金ですが、必要な金額は人それぞれ異なります。そこで平均値を参考にしながら、自分の老後にとって必要な生活資金額を実際に計算してみましょう。

まずは、理想の毎月の生活費を考えます。2013年の総務省の家計調査によると、世帯主が65歳以上の無職世帯の場合、1か月の支出平均額は約27万円ですが、持ち家でローンも終わり、支出の少ない人であれば20万円を切ります。また、趣味や旅行を楽しみたい人は30万円以上、必要でしょう。

次に、想定される年金の金額を調べます。全国の平均値や「ねんきん定期便」などを参考にしてください。そして、65歳からの生存年数を考えてみます。女性の場合、65歳時点の平均余命は24年。自分は何歳まで生存しそうか(生きたいかではなく、生きそうか)を考えてみてください。

これらが決まったら、【(「毎月に必要な生活費」-「年金の金額」)×12か月×「65歳からの余命」】で計算してください。それが、必要な老後の生活資金額となります。

少しでも早い段階に将来の試算をすると、さまざまな準備ができる

それでは、そのお金を貯めようとする場合に必要な毎月の積立金額も計算してみましょう。

65歳時点で手元にあると思われる金額を算出します。預貯金や退職金、生命保険の解約返戻金などの見込みがあれば、合算してください。そして、65歳になるまでに何年あるか、現在の年齢を引いてみましょう。

【(「必要な老後の生活資金額」-「65歳時点に手元にあると思われる金額」)÷「65歳-現在の年齢」÷12か月】の計算をすると、毎月の積立金額となります。

もし、この金額を貯めていくことが難しい場合は、以下の二点を検討してみてください。

①老後の生活費を下げる
老後が近づいてから急に生活レベルを下げるのは大変ですので、もし大幅に資金が不足しそうな場合は、なるべく早めに生活費を抑えることを検討しなくてはなりません。

②運用効率を高める
先ほどの計算では、積立の利率を0%としています。利率が高くなればなるほど、必要な積立金額が少なくなります。ただし、利率の高い商品はその分リスクも高くなります。自分が許容できるリスクの範囲内での商品選択が必要です。

老後までの期間が長いほど、先の数字は当てにならないかもしれませんが、少しでも早い段階に将来の試算をすると、さまざまな準備ができるため、オススメです。

老後資金の計算
小川和哉

人生をトータルサポートできる家計見直しのプロ

小川和哉さん(Mクリニック)

Share

関連するその他の記事

三菱UFJ銀行、休眠口座に手数料を検討。導入の背景と対策とは

三菱UFJ銀行は、入出金がないまま一定期間が経過している口座に維持手数料を課す検討をしていると、大手金融グループ3社で初めて明らかにしました。今後、大切な自分の預金がうっかり目減りするということがないようどうするべきか、ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

パートタイマーの厚生年金拡大 加入のメリット・デメリット、賢い働き方とは?

公的年金の制度改正案では、パート従業員への厚生年金の適用が拡大されることに。改正のポイントや、賢い働き方を実現するために気をつけたいことを、パートタイマーの労働環境に詳しい社会保険労務士の小倉越子さんに聞きました。

小倉越子さん

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

住宅ローンの不安は誰に相談すべき?専門家に相談すれば不安は解消するか

マイホームの購入はワクワクする買い物でしょう。しかし、住宅ローンを組むことへの不安も大きいと推測します。住宅ローンについて相談できる場所は複数ありますが、それぞれ特色が異なります。3つの相談先の特徴や得意分野をご紹介します。

横山晴美

横山晴美さん

住宅購入を通して家計相談にも乗るFP

定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

定年後も生活水準を下げないために「職業寿命」「資産寿命」の延命はもちろんのこと、余裕資金を生み出すための「自宅の活用」、早い段階で固定費削減です。

山下幸子さん

家計簿診断とライフプランニングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す