マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 殺人ダニの繁殖を防ぐ掃除術

殺人ダニの繁殖を防ぐ掃除術

カテゴリ:
くらし

温度20度以上、湿度60~70%以上はダニ繁殖に最適な環境

殺人ダニの繁殖を防ぐ掃除術

死に至るウイルスを持ったダニが全国各地で見つかり、これまでに死亡者も出ています。これからの季節に向けて注意が必要です。ダニが最も発生する時期は、ジメジメとした梅雨の季節です。高気密高断熱の最近の家は、ダニにとって居心地抜群。温度20度以上、湿度60~70%以上になると繁殖に最適な環境になり、ダニの発育が活発になります。梅雨でなくても、暖房や加湿器で条件がそろうと、ダニ繁殖の環境を作ってしまうことになります。

また、ホコリ1gの中にダニは1000匹いると言われています。30匹のダニがわずか1か月で成虫になり、2~3か月の寿命の間に50~100個以上の卵を産み、約10週間で1万匹にも繁殖するそうです。ダニが卵を産むのは、潜める所です。カーペット、畳、寝具は格好の場所。ぬいぐるみ、布製のソファー、ペットも要注意です。完全に除去することはできないにしろ、できる限り家からダニを追い出しましょう。

湿度を下げて、小まめに掃除機をかける。ダニ退治のポイントは?

(1)湿度を下げる。
湿度が55%以下になるとダニは生きていけません。冬の晴れた日の外の湿度くらいです。空気が停滞すると湿度は上がるので、小まめに換気をしましょう。押し入れ、クローゼット、タンスなどは湿度が高いため、ダニにとっては良い環境。ドアや引き出しを開けて換気をしましょう。スノコなどを敷いておくのも効果的です。布団類は使用後すぐには収納しないで、なるべく天日干しや布団乾燥機にかけてから入れるようにしましょう。

(2)小まめに掃除機をかける。
人のフケやアカ、食べ物のカスなどがダニのエサ。掃除機で取り除きます。1平方メートルを1分くらいでゆっくりとかけます。同一方向ばかりでなく、縦横斜めとかけましょう。早くかけるとゴミを残してしまいます。

ここで大事なのは、掃除機をかけるタイミングです。掃除機をかける前に、ワイパーやモップなどでホコリやゴミを取り除いてから掃除機をかけます。この際、床の目に沿ってかましょう。最初に掃除機をかけてしまうと、ホコリを舞い上がらせてしまって、取り残しが出てしまいます。ワイパーなどでほこりを取り除いておくころで、取り残しの量を最小限に食い止めることができます。掃除機の後は、ふき掃除をしましょう。

(3)洗えるものは洗う。ダニが発生するものは置かない。
布団類は丸洗いできるものは定期的に洗いましょう。ぬいぐるみもダニが好むものです。天日に干すか、定期的に洗いましょう。掃除機で吸い取るのも効果的です。また、カーテンも定期的に洗いましょう。ソファーは革製の物に、カーテンは薄手のものに替えるのも良いでしょう。

また、洗濯物を部屋干しすると、湿度を上げてしまうのでできれば避けたいところです。そして、家具と壁の間は、結露などで湿気がこもるので、間を5cmくらいあけることで風通しがよくなり、ダニ発生を抑えられます。これらのポイントを押さえて、快適な空間を手に入れましょう。

宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子さん(ライフスタイルコーディネート ソートフル)

Share

関連するその他の記事

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す