マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 教育費の捻出、家計の節約はもう限界?

教育費の捻出、家計の節約はもう限界?

カテゴリ:
お金・保険

子ども2人世帯の年収に占める教育費負担が40%超え

教育費の捻出、家計の節約はもう限界?

日本政策金融公庫が発表した平成25年度の統計によると、子ども2人世帯の年収に占める教育費負担が40%を超えたそうです。これは過去7年で最高となっており、高止まりする教育費用と世帯年収の減少が原因のようです。

また、同調査によると教育費の捻出方法として、「奨学金を受けている」(59.9%)が、昨年度最多の「教育費以外の支出を削っている(節約)」(56.3%)を超えて最多となったとも発表されています。これはつまり、節約が限界のために奨学金を利用した人が増えたということでしょうか?

まだまだ節約できるかも。通信費や生命保険

しかし、本当にもう節約は限界なのでしょうか?外食の回数を減らしたり、電球をLED化したり、厚着をして暖房を我慢したりと、もう既に十分しているかと思いますが、視点を変えれば、できることはまだあるかもしれません。

例えば通信費。自宅にインターネット接続可能な環境があれば、携帯電話やスマホのデータ通信プランを格安SIMに変更する方法もあります。外出先での使用を控えなければならない場合もありますが、毎月の費用は抑えることができます。

あとは、生命保険です。必要最低限の保障内容に変更するのは当然ですが、死亡保障を一生涯保障にしている場合は、保障期間を10年や15年などと短くすると、保障額を下げなくても保険料を抑えることができることがあります。更新時に保険料が上がったり、健康状態によっては更新できない可能性も出てしまいますが、目先の教育費の確保が最優先であれば検討の余地はあります。

子どもの将来にツケを回さぬよう、デメリットも考慮して捻出を

また、一部の人には住宅ローンの変更も検討すべきでしょう。住宅ローンは35年まで組めますので(フラット50を除く)、マイホーム購入時に20年の住宅ローンを組んだ人であれば、原則あと15年までは延ばせる可能性があります(一部金融機関では、経過年数にかかわらず最長35年で借り換えができるところもあります)。現状のまま金融機関に打診して延長してもらう他に、他の金融機関に借り換えをして期間を延ばす方法があります(ただし、収入や年齢などの条件によっては延長ができないことがあります)

生命保険と住宅ローンの見直しに関しては、支払総額という点からはデメリットになるケースもあります。しかし、目先の教育費の捻出のためには背に腹は変えられません。奨学金を利用するという選択肢が悪いわけではありませんが、子どもの将来にツケを回すことになりますので、今できる対策があれば先に講じていただいたほうが良いでしょう。

小川和哉

人生をトータルサポートできる家計見直しのプロ

小川和哉さん(Mクリニック)

Share

関連するその他の記事

三菱UFJ銀行、休眠口座に手数料を検討。導入の背景と対策とは

三菱UFJ銀行は、入出金がないまま一定期間が経過している口座に維持手数料を課す検討をしていると、大手金融グループ3社で初めて明らかにしました。今後、大切な自分の預金がうっかり目減りするということがないようどうするべきか、ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

パートタイマーの厚生年金拡大 加入のメリット・デメリット、賢い働き方とは?

公的年金の制度改正案では、パート従業員への厚生年金の適用が拡大されることに。改正のポイントや、賢い働き方を実現するために気をつけたいことを、パートタイマーの労働環境に詳しい社会保険労務士の小倉越子さんに聞きました。

小倉越子さん

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

住宅ローンの不安は誰に相談すべき?専門家に相談すれば不安は解消するか

マイホームの購入はワクワクする買い物でしょう。しかし、住宅ローンを組むことへの不安も大きいと推測します。住宅ローンについて相談できる場所は複数ありますが、それぞれ特色が異なります。3つの相談先の特徴や得意分野をご紹介します。

横山晴美

横山晴美さん

住宅購入を通して家計相談にも乗るFP

定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

定年後も生活水準を下げないために「職業寿命」「資産寿命」の延命はもちろんのこと、余裕資金を生み出すための「自宅の活用」、早い段階で固定費削減です。

山下幸子さん

家計簿診断とライフプランニングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す