マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 今からでも遅くない!片づけできる子に育てるコツ

今からでも遅くない!片づけできる子に育てるコツ

カテゴリ:
スクール

方法を教えれば、年齢にあった片づけのスキルを身につける

今からでも遅くない!片づけできる子に育てるコツ

水泳やピアノ、書道など、子どもたちは習って初めてできるようになることがたくさんあります。では、片づけはどうでしょう。母親が片づけているのを見て「なんとなくやっている」がほとんどで、「習ったことがある」という子どもは少ないのではないでしょうか。それなのに、小さなわが子に「片づけなさい」と言っていませんか?きちんと方法を教えることで、子どもたちは年齢に合った「片づけのスキル」を身につけることができます。

関心のあるモノから広がり自分の部屋全体を片づけできるように

「子どものお片づけ」ですが、年齢に応じて把握できる量・範囲というのは少しずつ広がっていきます。本人が関心のあるものから徐々にスペースが広がり、ある年齢に達したら自分の部屋は自分で片づけることができるでしょう。

就学前だと、片づけるのは「おもちゃ」のみかもしれません。学校に入ると、教科書・ノート・学校の道具は自分で管理できるようになるでしょう。学年が上がると、習いごとの道具や、マンガ、本、CD、洋服など、どんどん増えていきます。小さい頃から自分で把握しながら片づけができるようになっていくと、年齢とともにステップアップしていきます。 小学生だから「もう遅い」わけではありません。やり方を知らないだけです。子どもたちはその方法を知ることで、何歳からでもきちんと片づけができるようになります。

まずは「分類」のレッスン。「住所」を定めると散らからない

最初に「分類」のレッスンをしましょう。「仲間分け」ができると、片づけもスムーズに進みます。「学校で使うもの」「身に付けるもの」などで分けてみるといいでしょう。また、それらをどこに置くのかを決めてあげてください。すべてのものに「住所」を定めると、散らからなくなります。そのためのポイントは次の3つです。

・適切な置き場所でパッと見渡せる
・モノをしまいやすい
・スペースにゆとりがある(パンパンに詰まっていると、一度出したものを戻せなくなってしまいます。7~8割を目安に収納してください)

初めのうちは親も一緒にやって成功体験を積み重ねていきましょう。親のルールから子ども自身ルールへと進めることで、一人でも片づけができるようになります。

ちゃんと「ほめる」ことで片づけが習慣に

忘れてはいけないのが、できたら「ほめる」ことです。「お母さんが喜んでくれて、きれいになって自分もうれしかった」と思うことで、子どもたちは片づけが好きになります。また、「ほめる」ことで習慣化へとつながっていきます。そして、大切なのは何より楽しむこと。アロマの香りでリラックスしたり、好きな音楽をかけたりして、親子で楽しみながら片づけに取り組みましょう。

宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子さん(ライフスタイルコーディネート ソートフル)

Share

関連するその他の記事

英語学習方法変更でライティングとスピーキング重視に

2019年3月文部科学省は、英語学習方法の改善を発表しました。これにより英語学習のライティングとスピーキングが重視されることになりましたが、どのような影響があるのでしょうか?

里見郁子

里見郁子さん

英会話レッスン&留学のプロ

勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?

子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。

石垣友規人

石垣友規人さん

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

中学校の定期テスト廃止を考える

中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。

石垣友規人

石垣友規人さん

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

現場が推し進める危険な組体操 本当に教育の一環?

組体操を教育の一環として実施したい教育現場の感覚と、我が子の安全の為に危険な演目に参加させたくない保護者の感覚。教育の一環性に対する学校と市民のギャップをどう埋める。

栢原義則

栢原義則さん

小学生の能力(脳力)開発の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す