マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 採用面接でダイヤの原石を見抜くには?

採用面接でダイヤの原石を見抜くには?

カテゴリ:
ビジネス

面接する側が緊張をほぐしてあげ、まずは場の空気作りを

採用面接でダイヤの原石を見抜く質問

2015年4月入社の新卒採用活動が12月1日にスタートしました。採用活動の解禁と同時に会社説明会も開催され、各社とも自社の魅力や将来性をアピールし、学生も真剣に聞き入っている姿が、あちらこちらで見られました。

新卒での就職は一生で一度限りのこと。企業は将来性を見こめる「ダイヤの原石」である学生を採用しようとし、学生は自身の人間力を磨けてビジネススキルをアップできる企業を求めます。

では、採用面接という短期間・短時間の中で、将来、光り輝くダイヤになるであろう原石をどのようにして見抜けばいいのでしょう。まず、面接の場では、学生は少なからず緊張をしてガチガチになっています。このような状態では、会社が求める回答を聞き出すことができません。面接する側が緊張をほぐしてあげ、まずは質問~回答がスムーズになるような場の空気を作るようにします。

「はい」「いいえ」で答えられない質問をして具体的に答えてもらう

採用面接の場合、質問内容も似通ったものが多く、学生もある程度の答えを用意してきます。例えば、「自己PRは?」「学生時代に頑張ったことは?」「あなたの長所・短所は?」「当社で何をしたいか?どんな社員になりたいか?」「当社のどこに魅力を感じたか?」「他社を受けていますか?」など。初めは緊張をほぐすために、このような簡単な質問から入るのも良いでしょう。しかし、このような質問だけでは、学生の本来持っている人間力を計ることはできません。

面接の中でコミュニケーションが取れてきたら、徐々に質問内容を深堀りしていきます。例えば、学生時代のエピソードや、応募企業の業界動向に対する感想などです。この時のポイントは「内容を具体的に話してもらう」ことです。面接する側は、学生が「はい」「いいえ」で答えるような質問をせず、「なぜ、そう思ったのか・感じたのか」「どうやって調べたのか」などを具体的に教えてもらうようにしましょう。

自発的な行動を起こしてきた学生であれば具体的に答えられる

自発的な行動を起こしてきた学生であれば、行動の経緯や実際の場面をしっかりと伝えることができますが、逆に受け身であったり、自分の考えがなく行動力が少ないような学生は具体的な答えができません。このような質問と回答を足がかりにして学生の人間力を探っていくと、「ダイヤの原石」を掘り当てることができるでしょう。

ただし、深く質問をしていくにあたり何でも聞いて良いわけではありません。厚生労働省からも指針が出されていますが「聞くべきこと」「聞いていいこと」と「聞いてはいけないこと」を認識した上で面接を行うように注意してください。

成澤紀美

IT業界を元気にするSE出身社労士

成澤紀美さん(社会保険労務士法人スマイング)

Share

関連するその他の記事

在宅勤務でリモートセクハラが問題に。Web会議のためにテレワークマナーは必要?

在宅勤務が広まるとともに「リモートセクハラ」がSNS上に登場し、問題になっています。快適に在宅勤務を続けるための最低限のテレワークマナーとは?社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。

谷川由紀

谷川由紀さん

働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ

流行り病を克服した後における組織の在り方について

新型コロナウイルスの影響で、働き方や組織の在り方が見直されているかと思います。戦隊ヒーローとして有名な「ゴレンジャー」をモチーフに、理想的な組織について紹介いたします。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で加速する「オンライン面接」 2021年卒の就活を成功させるには

企業では、説明会や選考をオンラインに切り替えて実施する動きが広がっています。「オンライン面接」の対策をはじめ、今年の就活を成功させるために必要なこととは。ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

身体とココロの免疫力をアップしてコロナに備える

ウイルスについて正しく理解し、心と身体の両面においてどのように備えるべきかについてご紹介します。

内田朱美

内田朱美さん

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す