マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. お金・保険
  4. 相続増税を前に今から知っておくべきこと

相続増税を前に今から知っておくべきこと

カテゴリ:
お金・保険
キーワード:
相続税

基礎控除が下がり、相続税を納めなければならない人が増加

相続増税を前に今からしておくべき対策

平成27年1月1日以降の相続について、相続税の税率改定や基礎控除の縮小など課税が強化され、課税遺産額2億円以上は増税となります。しかし、それよりも、相続財産から控除できる基礎控除が今までよりも下がることの方が影響は大きいといえます。なぜなら、相続税を納めなければならない人が増加するからです。

現在の基礎控除は、「5000万円+1000万円×法定相続人の数」 ですが、今後は「3000万円+600万円×法定相続人の数」 となり、40%の縮小となります。妻と子2人の合計3人が法定相続人の場合、現在の基礎控除8000万円が4800万円に下がるため、今まで相続税がかからなかった人も今後は税金を納めなければならないかもしれません。

特例利用の手続きは10か月以内。揉め事があると間に合ないことも

ただ、相続税の申告をする際に、自宅などの不動産の評価を80%下げる小規模宅地の特例や、配偶者の税額軽減の特例(1億6千万円まで無税)の利用などによって、相続税がかからなくなることもあります。

これらの特例を利用するには、相続税の申告期限(相続の開始を知った日の翌日から10か月以内)までに、手続きを行わなければなりません。もしも、相続人の間で遺産の分け方で揉めてしまったら、期限までに間に合わず、特例を利用することができなくなることもありえます。そうなると、とりあえず法定相続分で分割したものとして、予定外に10か月後に納税資金が必要になることも考えられます。

延納や物納という制度もありますが、こられの制度を活用するにあたっても事前準備がいりますので、揉めごとが起きてしまったら、やはり現金を準備するしかありません。もちろん、その後に遺産分割が決まれば、特例を利用した申告をすることにより、納めすぎた相続税が還付されることもあります。

まずは相続税の対象になるのかどうかを把握して対策を

葬儀や納骨、法要、各種手続きなど、死後に行うことは多くあります。10か月は意外とあっという間ですので、ささいな揉め事でも起こってしまえば、物事がスムーズに運ばなくなります。

だからこそ、相続人の負担を減らすためにも、ある程度の対策をしておくことが重要です。まずは、相続税の対象になるのかどうか、特例を利用すれば相続税がかからなくなるのかどうかを把握しましょう。その上で、不動産を整理したり、遺言書を作成したり、生命保険を活用して納税資金を準備したりするなどの対策を行ってください。当然、すぐにできるものばかりではありません。相続税が増税される前の今の時期から早め早めに行いましょう。

明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

ファイナンシャルプランナー

明石久美さん(明石シニアコンサルティング)

Share

関連するその他の記事

知らない間に借金を相続しないために!親が亡くなったら確認すること

いざ相続発生!その時にどういった手続き、調査が何時迄に必要になるかを正確に把握出来ている方は決して多くはありません。限られた時間の中で失敗しない遺産相続の為には欠かせない手続きである遺言書の有無、相続人調査、相続財産の確定の3点について紹介したいと思います。

寺田淳

寺田淳さん

シニア世代が直面する仕事と家庭の問題解決をサポートする行政書士

あなたも無関係ではない?相続税基礎控除引き下げによる申告義務者増

相続税の基礎控除が2015年より引き下げられ、今まで相続税の申告とは無縁であったサラリーマン家庭でも、申告が必要な場合が増加しています。いくら財産があると相続税の申告が必要となるのでしょうか。

泉田裕史

泉田裕史さん

黒字体質の会社をつくる税理士

祖父母から子や孫へ!政府が必死になる贈与税非課税制度とは?

政府は資産家の高齢者から子どもや孫へ資産移転を促し、若年層の消費活性化を図ろうとしている。しかし、資産移転は思うように進んでいない。制度の新設や非課税金額の拡大などが予定される制度について解説する。

米津晋次さん

夜10時までお客様の相談に対応する税理士

課税逃れは許さない!出国税はビジネスの海外進出を阻む障壁?

7月1日以降に日本を出国する人に対し、出国税の適用が始まった。富裕層の国外を利用した課税逃れを防ぐことが目的だが、実際には事業の海外進出のために出国する経営者も多く、その障壁になるのではと専門家。

米津晋次さん

夜10時までお客様の相談に対応する税理士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す