マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 元本割れ起こす学資保険のリスク、回避法は?

元本割れ起こす学資保険のリスク、回避法は?

カテゴリ:
お金・保険

元本割れを防ぐ学資保険も登場。無理のない資金計画がカギ

元本割れ起こす学資保険のリスク、回避法は?

学資保険加入の大きな目的は「学費の積立」と「父等の主に収入を得ている人(主たる生計者)が亡くなった時の学費確保」の2つだと考えられます。「子どもの死亡保障」に「主たる生計者死亡時の保険料払込免除」を付帯して提供されている学資保険は、子ども死亡時には設定した保険金が支払われ、主たる生計者死亡後は保険料払込が免除されて設定した満期積立金が受け取れる仕組みです。ただ、利回りが悪くなってきたことで、総払込保険料より満期保険金が少なくなることが出てきました。これが元本割れの状態です。

そこで、子どもの死亡時の「子どもの死亡保険金」の代わりに「それまでに支払った保険料」を給付金として支払うことで、元本割れを防ぐ学資保険も出てきました。「元本割れしない」という観点から考えると、このような保険を選択すると良いでしょう。

学資保険の特徴の一つとして、途中解約すると、払い込んだ保険料より大きくマイナスになる可能性があります。子どもの学費のために無理な金額を設計すると、急な出費などに対応できず解約せざる負えない、ということになりかねません。長期間にわたって支払わなければならないため、無理のない資金計画を立てることが必要不可欠です。

学費の捻出には学資保険以外の方法も

そして、はじめから学資保険に加入しない手もあります。主たる生計者を被保険者として終身保険に加入し、子どもの学費準備までに払い込みが終了するように設計することによって、学費が必要な時期には解約返戻金で、また、死亡時には死亡保険金で捻出できます。この場合は、返戻金の高い商品を選択することがポイントです。

満期時に資金の必要がない場合、解約せずそのまま置いておくことで、現在の預貯金の利息に比べて、解約返戻金が年度毎に増えるというメリットがあります。ただ、離婚時に名義や保険料支払いなどについてトラブルになることがある点には要注意です。

また、学資保険の中には「子どもの医療保障」が付帯されているものがあり、この保険料分は掛け捨てとなり、満期で医療保障は終了してしまいます。子どもの医療保険は、最初から別に加入することで、安い保険料のまま保障を継続することが可能です。商品によっては、解約すると解約返戻金が払い戻されるものあります。子どもの独立時には契約者を子ども自身に変更し、親からプレゼントするのも良いかもしれません。

佐々木茂樹

身近なお金の問題から人生設計までサポートするプロ

佐々木茂樹さん(ファイナンシャルサービス株式会社)

Share

関連するその他の記事

三菱UFJ銀行、休眠口座に手数料を検討。導入の背景と対策とは

三菱UFJ銀行は、入出金がないまま一定期間が経過している口座に維持手数料を課す検討をしていると、大手金融グループ3社で初めて明らかにしました。今後、大切な自分の預金がうっかり目減りするということがないようどうするべきか、ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

パートタイマーの厚生年金拡大 加入のメリット・デメリット、賢い働き方とは?

公的年金の制度改正案では、パート従業員への厚生年金の適用が拡大されることに。改正のポイントや、賢い働き方を実現するために気をつけたいことを、パートタイマーの労働環境に詳しい社会保険労務士の小倉越子さんに聞きました。

小倉越子さん

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

住宅ローンの不安は誰に相談すべき?専門家に相談すれば不安は解消するか

マイホームの購入はワクワクする買い物でしょう。しかし、住宅ローンを組むことへの不安も大きいと推測します。住宅ローンについて相談できる場所は複数ありますが、それぞれ特色が異なります。3つの相談先の特徴や得意分野をご紹介します。

横山晴美

横山晴美さん

住宅購入を通して家計相談にも乗るFP

定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

定年後も生活水準を下げないために「職業寿命」「資産寿命」の延命はもちろんのこと、余裕資金を生み出すための「自宅の活用」、早い段階で固定費削減です。

山下幸子さん

家計簿診断とライフプランニングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す