マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 台風による休業に給与の支払い義務はある?

台風による休業に給与の支払い義務はある?

カテゴリ:
法律関連

台風での休業は「使用者の責に帰すべき事由」に当たらない

台風による休業に給与の支払い義務はある?

10年に1度の勢力ともいわれる台風26号により、関東地方では電車が止まったり、道路が冠水したりして、通勤にも大きな影響を与えました。従業員が出社できず、やむをえず休業にした企業もあったかもしれません。このような台風による休業の場合、会社は給料を支払わなければならないのでしょうか?

労働基準法第26条に「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない」とあります。ここで問題になるのが、台風での休業は「使用者の責に帰すべき事由」に当たるかどうかです。これについては行政通達が出ていて、「天災事変の場合」「休電による場合」「法令の規定に従って行うボイラー検査のための休業等」は当たらない、とされています。当然、台風は天災に該当しますので、台風によって休業を余儀なくされた場合には給与を支払わなくても良い、ということになります。

ただ、例えば会社の目の前に住んでいて、その人だけでも仕事が成り立つにもかかわらず、会社が全体を休業にしてしまうと、出勤できるその人に対しては事業主都合の休業に該当し、平均賃金の百分の六十の支払義務は生じてしまうでしょう。

余程の不可抗力による場合以外は給与の支払い義務が生じる

工場で材料が入らないため仕事にならないから休業にした、といった場合などは、通達には該当せず、あくまで「使用者の責に帰すべき事由」になります。余程の不可抗力による場合以外は「使用者の責に帰すべき休業」になりますので、都合良く解釈せず十分に注意してください。

会社の業態、規模等によってケースバイケースです。管轄の労働基準監督署へ相談してみてください。

影山正伸

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

影山正伸さん(影山社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

「嵐」チケット高額転売の女性に有罪判決 「チケット不正転売禁止法」とは

人気アイドルグループ「嵐」のコンサートの電子チケットをSNSで高額転売で有罪判決。「チケット不正転売禁止法」で違法とされる行為などを、弁護士の河野晃さんに聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

リツイートしただけで権利侵害に? ツイッター投稿画像の自動トリミングを巡る判決が話題に。今後ユーザが気を付けるべき点とは

ツイッターのタイムライン上で発生する「画像の自動トリミング」を巡る判決が、ネットユーザの間で注目されています。今後ユーザが気をつけるべきポイントついて、知的財産権とIT分野に精通する、弁護士の内田誠さんに聞きました。

内田誠

内田誠さん

知的財産権とIT分野における「技術×法律」を得意とする専門家

気になるCM「あげるくん」で認知度増?改正著作権法が海賊版対策強化として施行 違法ダウンロードの対象や罰則は?

違法にアップロードされた著作物へのリンク情報を掲載し、海賊版に誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれています(2020年10月1日に施行)。改正により、どのような行為が違法となるのでしょうか。罰則は。弁護士の得重貴史さんに聞きました。

得重貴史

得重貴史さん

国際法務・知財に豊富な経験とスキルを持つ弁護士

「あおり運転」厳罰化 道路交通法改正で危険な運転や妨害行為はどうなる?

罰則を強化した改正道路交通法が、6月2日に衆議院本会議で可決・成立しました。あおり運転対策については6月末から、高齢ドライバー対策については2022年の夏までに施行される見通しです。改正により、どのように変わるのでしょうか。弁護士の川島英雄さんに聞きました。

川島英雄

川島英雄さん

交通事故・医療事故の被害者を守る法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す