マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 台風による休業に給与の支払い義務はある?

台風による休業に給与の支払い義務はある?

カテゴリ:
法律関連

台風での休業は「使用者の責に帰すべき事由」に当たらない

台風による休業に給与の支払い義務はある?

10年に1度の勢力ともいわれる台風26号により、関東地方では電車が止まったり、道路が冠水したりして、通勤にも大きな影響を与えました。従業員が出社できず、やむをえず休業にした企業もあったかもしれません。このような台風による休業の場合、会社は給料を支払わなければならないのでしょうか?

労働基準法第26条に「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない」とあります。ここで問題になるのが、台風での休業は「使用者の責に帰すべき事由」に当たるかどうかです。これについては行政通達が出ていて、「天災事変の場合」「休電による場合」「法令の規定に従って行うボイラー検査のための休業等」は当たらない、とされています。当然、台風は天災に該当しますので、台風によって休業を余儀なくされた場合には給与を支払わなくても良い、ということになります。

ただ、例えば会社の目の前に住んでいて、その人だけでも仕事が成り立つにもかかわらず、会社が全体を休業にしてしまうと、出勤できるその人に対しては事業主都合の休業に該当し、平均賃金の百分の六十の支払義務は生じてしまうでしょう。

余程の不可抗力による場合以外は給与の支払い義務が生じる

工場で材料が入らないため仕事にならないから休業にした、といった場合などは、通達には該当せず、あくまで「使用者の責に帰すべき事由」になります。余程の不可抗力による場合以外は「使用者の責に帰すべき休業」になりますので、都合良く解釈せず十分に注意してください。

会社の業態、規模等によってケースバイケースです。管轄の労働基準監督署へ相談してみてください。

影山正伸

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

影山正伸さん(影山社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

田沢剛

田沢剛さん

法的トラブル解決の専門家

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

中村有作

中村有作さん

損害賠償と労務関係のプロ

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す