マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 労働基準監督官って違反者を逮捕できるの?

労働基準監督官って違反者を逮捕できるの?

カテゴリ:
法律関連

ドラマ「ダンダリン」で労働基準監督官が経営者を逮捕

労働基準監督官って違反企業を逮捕できるの?

10月2日(水)から、日本テレビ系列ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」がスタートしました。漫画雑誌「モーニング」で連載されていた「ダンダリン一〇一」が原作で、労働基準監督官が企業の不正を暴いていく物語です。女優の竹内結子さんが主演で労働基準監督官役を務めています。第1回の放送は、労働基準監督官が残業代不払いのリフォーム会社社長を逮捕するシーンで終わりました。

放送を見て「労働基準監督官が労働基準法違反者を逮捕できるのか?」と思った人も多かったのではないのでしょうか。実は、労働基準法第102条に「労働基準監督官は、この法律違反の罪について、刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行う」とあります。この条文が根拠となって逮捕できるのです。

「労働基準監督署」の最後の「ショ」の字は、「所」ではなく「署」を使います。「市役所」「保健所」などの行政機関とは違い、「労働基準監督署」「警察署」「税務署」「消防署」といった「署」の付くところには、必ず司法警察官が在籍しています。よって、捜査権や逮捕権等を有し、取締力が強い役所といえます。

?是正勧告を無視し続けると本当に逮捕される可能性も

ドラマでは、労働基準法第37条(残業代を支払わなければならない法律)違反として逮捕されましたが、このようなケースでは是正勧告を一度も出さずに逮捕にいたることは現実的にはありえないでしょう。しかし、勧告を何度か受けているにもかかわらず、全く反省せず、是正もしなければ、逮捕される可能性が高まります。

是正勧告をあなどらずにしっかりと対応してください。労働基準監督官は、逮捕権まで持っています。真摯に受け止め、改善しましょう。

影山正伸

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

影山正伸さん(影山社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す