マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 竜巻発生時、命を守る安全な避難場所は?

竜巻発生時、命を守る安全な避難場所は?

カテゴリ:
くらし

「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意

竜巻発生時、安全な避難場所は?

今年は竜巻が相次いで発生し、短時間で住民や建物に大きな被害をもたらしました。竜巻は日本の各地で季節を問わず、台風、寒冷前線、低気圧に伴って発生します。また、地球温暖化の影響で、竜巻が起きやすい気象条件が増えているという予測もあります。

竜巻の可能性が生じた場合、発生の数時間前に「雷注意報」、そして1時間前までには「竜巻注意情報」が発表されます。「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意してください。

■空が急に真っ暗になる。
■雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。
■ヒヤッとした冷たい風が吹き出す。
■大粒の雨やヒョウが降り出す。

発達した積乱雲が近づく兆候が見えたら、直ちに身の安全を確保してください。特に、高齢者や子どもと一緒の場合や、大勢の人が集まる屋外イベントの最中、高所・クレーン・足場などでの作業中は、早目に避難するようにしましょう。竜巻の発生を確認したら、竜巻を見続けたりしないで、すぐに身を守るための行動をとることが先決です。

屋内にいる場合は丈夫な机の下や浴槽の中に避難

【屋内にいる場合】

■雨戸・シャッター・窓・カーテンを閉め、窓から離れる。
■地下室や建物の最下階で、できるだけ家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する。
■部屋の隅・ドア・外壁から離れる。
■丈夫な机の下や浴槽の中に身を隠し、両腕で頭と首を守る。

【屋外にいる場合】

■近くのマンション・オフィスビルなどの鉄筋コンクリート造りの丈夫な建物に避難する。車庫・物置・プレハブを避難場所にしない。
■避難できる建物が無い場合は、近くの水路やくぼみなど、なるべく狭い所に身をふせ、両腕で頭と首を守る。
■飛来物に注意する。電柱・太い樹木・窓ガラスが多いビルなどには近づかない。

竜巻など激しい突風を即時的に予報する「竜巻発表確度ナウキャスト」が気象庁のホームページで提供されています。あらかじめ見方を確認しておいて、いざという時に活用しましょう。竜巻は、非常に早いスピードで近づいてきます。いざ竜巻が近づいた時にとっさに行動できるように、日頃からシュミレーションしておくことが肝要です。

仙波誉子

消防・防災のプロ

仙波誉子さん(株式会社岩本商会)

Share

関連するその他の記事

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

新型コロナウィルスの飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

物販店等のレジカウンター等へ感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止用シートの設置が増えていますが、防火防災の観点からは問題になるケースがあるのをご存知でしょうか?この記事では、飛沫防止用シートの火災防止について詳しく説明します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

レジ前のソーシャルディスタンス誘導の足跡マーク。行動経済学などで注目の「ナッジ理論」とは?

マーケティングや防災、医療、環境など、生活のあらゆる場面の問題解決のために活用されている「ナッジ」について、心理カウンセラーの西尾浩良さんに聞きました。

西尾浩良

西尾浩良さん

心理カウンセリングで心を癒やす心理カウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す