マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 悪質な不要・不急の110番通報、どんな罪に?

悪質な不要・不急の110番通報、どんな罪に?

カテゴリ:
法律関連

不要・不急の110番通報、3割近くに

悪質な不要・不急の110番通報 どんな罪に?

不要・不急の110番通報が後を絶ちません。今年上半期に埼玉県内で受理された110番通報のうち、間違いやいたずら、問い合わせなどが3割近くにも上っていることが判明しました。中には悪質なものもあり、埼玉県警は刑事事件として立件することを視野に入れ、厳しい態度で臨むそうです。

悪質なものは「偽計業務妨害罪」の対象に

公務の執行を妨害する罪としては、公務執行妨害罪(刑法95条1項)があります。しかし、この罪は「公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた」場合に成立するものです。悪質な不要・不急の110番通報により公務を妨害したとしても「暴行又は脅迫」が用いられていないため、これには該当しません。また、威力業務妨害罪(同法234条)も「威力」(人の意思を制圧するに足りる勢力)を用いて業務を妨害した場合の罪のため同様に該当しないでしょう。

そこで考えられるのが、偽計業務妨害罪(同法233条)です。「偽計」とは、裁判上は「欺罔(きもう)行為(※詐欺罪の実行行為)により相手方を錯誤に陥らせる場合に限定されるものではなく、相手方の錯誤あるいは不知の状態を利用し、または社会生活上受容できる限度を越え不当に相手方を困惑させるような手段術策を用いる場合をも含む」とされております。悪質な不要・不急の110番通報は、正当な通報であると信じて応答する担当者を困惑させるため、「偽計を用いた」ものといえるでしょう。

刑事罰に問われることの周知が必要

もちろん、すべてが悪質ではありません。110番が覚えやすいものであるため、生活上の相談事があると、どうしてもそこへかけてしまう人が多いようです。これらすべてに丁寧に応じているとしたら警察には頭が下がります。

ただ、不要・不急の110番通報の増加によって、本来の110番通報システムが阻害されてしまうことは、誠に忌々しき事態としか言いようがありません。悪質な110番通報に対しては、「偽計業務妨害罪」に該当するものであることを周知し、厳正に対処することが必要といえるでしょう。

田沢剛

法的トラブル解決の専門家

弁護士

田沢剛さん(新横浜アーバン・クリエイト法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す